「ミニ企画展」タグアーカイブ

「わぉ!な生きものフォトコンテスト」写真展

東京2020大会公式アートポスター展【オリンピック版】

会期 令和2年7月1日(水)~8月16日(日)

会場 相模原市立博物館 1階 エントランス

観覧無料

「わぉ!な生きものフォトコンテスト」は、公益財団法人日本自然保護協会と、ソニーによるわぉ!わぉ!生物多様性プロジェクトが主催し、審査員には当館学芸員も加わっています。身近な自然の中で見つけた「わぉ!」な写真(25作品)は、どれも見ると思わずニッコリしてしまうものばかり。

脳科学者の茂木健一郎さんが選んだ、今年の最優秀作作品!

他のフォトコンテストとちょっと違うのは、入賞作品の中にはコンパクトデジタルカメラや、スマホカメラで撮影された作品も多いことです。日常のお散歩や通勤、通学途中に出会った生きものたちの思いがけない表情がお楽しみいただけます。

25点の素敵な作品がみなさまをお待ちしています!

入場無料ですのでお気軽にご来館ください。来場の際はマスクを着用し、2m以上あけて鑑賞頂くようにお願い致します。また、当面の間、開館時間は9時30分、閉館時間は通常より1時間早い16時までになっております。

東京2020大会公式アートポスター展【オリンピック版】

東京2020大会公式アートポスター展【オリンピック版】

会期 令和2年6月9日(火)~8月16日(日)

会場 相模原市立博物館 1階 エントランス

内容

今夏に予定されていた東京オリンピック・パラリンピックが来年に延期となり、当館でも予定していた関連企画展を1年延期することとなりました。

そこで、今年は大会への機運醸成を図るため、エントランスでミニ展示を開催していきます。

今回は、国内外のアーティストが制作した公式アートポスター20枚のうち、オリンピック版12枚を展示します。これらのポスターは、大会組織委員会に希望した自治体等にのみ配布され、今回展示したB1判ポスターは、本市では当館にしか保管されていない大変貴重なポスターです。

各ポスターには大会組織委員会公式ホームページ掲載の作者コメントを添えました。中には有名漫画家の作品などもあります。

なお、各ポスターについて詳しくお知りになりたい方は下記をご覧ください。

大会組織委員会公式ホームページ 公式アートポスター

また、8月後半からはパラリンピック版8枚の展示を行う予定です。

*相模原市立博物館は6/9(火)より開館いたしますが、ご利用はエントランス及び常設展示室の自然・歴史展示室のみの一部開館となります。

*また、当面の間、開館時間は9時30分、閉館時間は通常より1時間早い16時までになっております。

展示状況1

 

展示状況2

博物館ボランティア「水曜会」によるミニ展示「昭和の想い出」を開催中!

博物館ボランティア「水曜会」によるミニ展示「昭和の想い出」

現在、博物館ボランティア「水曜会」では、旧津久井郷土資料室内(既に閉館)にあった旧相模湖町の郷土史家 鈴木重光氏の膨大な収集資料の整理作業を行っております。

今回、その一部として「昭和の想い出」と題し、昭和30年代頃までのお菓子箱や包み紙などを紹介するミニ展示を開催中です。懐かしいお菓子などを観に、ぜひご来館ください。

期間:7月31日(水)まで  午前9時30分から午後5時まで

場所:相模原市立博物館 常設展示室出口付近

内容:お菓子の箱・包み紙、羊羹の包装紙、缶詰のラベルなど

観覧無料

問い合わせ:相模原市立博物館 042-750-8030

ミニ展示全体
懐かしいお菓子がいっぱいです

ミニ企画展「石のステンドグラス〜岩石の顕微鏡写真展〜」

ミニ企画展「石のステンドグラス〜岩石の顕微鏡写真展〜」

平成27年6月13日(土)~6月28日(日)

会場 相模原市立博物館特別展示室

閉館日 毎週月曜日

岩石を偏光顕微鏡で観察すると、肉眼で観察するのとはまったく違った世界を見ることができます。美しい岩石の偏光顕微鏡写真を展示します。

150514_0004pかんらん岩

090730_0015p藍閃石片岩

090813_0002p文象花崗岩

関連イベント

「展示解説」

平成27年6月14日(日)・6月21日(日)、14時~14時30分

会場 相模原市立博物館特別展示室

「石を顕微鏡で見てみよう」

平成27年6月28日(日) 10時~16時

会場 相模原市立博物館実習実験室