博物館概要

相模原市立博物館は、 神奈川県相模原市中央区にある市立博物館です。1995年に開館して以来、相模原の歴史や自然を扱う総合博物館として市民に親しまれ、2019年には入館者数が300万人を超えました。また、2010年7月には、小惑星探査機「はやぶさ」の再突入カプセルの世界初公開を行うなど、お向かいにあるJAXA相模原キャンパスとの連携も深めています。

平成30年度 博物館 重点目標

博物館は、生涯学習部の重点目標である『誰もが生涯にわたり学び続けられるような環境の充実』、『家族や郷土を愛し、心豊かに暮らす地域社会の形成への寄与』を実現する柱のひとつとなっています。
このため、博物館の使命である、地域の歴史や文化・自然に関する資料を調査研究し、また、収集した資料を適切に保存し蓄積するとともに、その活用を図りつつ地域文化を継承・発信する拠点として事業を実施します。
また、主体的に参加する市民と協働し、あるいは地域の諸機関と連携する体制を整え、市民文化の向上に資する活動の積極的な展開に取り組み、ともに高めあい、さらなる相模原の魅力づくりを推進します。

・ 市域全域の理解を深めるため、収蔵資料のさらなる活用を通し、魅力ある展示に努めます。

・ 関係機関や団体、学校等と連携した事業の実施に取り組み、来館者の増加を図るとともに学びの場の提供に努めます。

・ JAXA等との連携による宇宙教育普及事業の充実に取り組みます。

・ 市民ボランティア等の養成に取り組むとともに、協働による博物館活動の充実に努めます。

・ 博物館を広く周知するため、様々なメディアを積極的に活用した情報発信に努めます。

・ 人(来館者)にもモノ(収蔵品)にも優しい施設であるよう、適切な維持管理に努めます。

■ 重点施策(取り組むべき事業)

1 展示・教育普及事業の推進
(1) 考古・歴史・民俗・生物・天文・地質等に関する企画展示、講演会等の実施
(2) 市民ボランティアとの協働による展示内容の検討及びミニ展示の実施
(3) JAXAとの連携を重視した宇宙教育普及事業の実施
(4) 天文分野に関するソフト事業の実施と継続的な施設改修の検討
(5) 尾崎咢堂記念館、吉野宿ふじや情報発信事業の実施
(6) 市民ボランティアの養成と自主活動の促進
(7) 館内表示等の多言語化の推進

2 積極的な情報発信事業の推進
(1) 広報さがみはら、ホームページに加え、ブログ・ツイッター等SNSを活用した情報発信の実施
(2) 機会を捉えた積極的な情報提供の実施

3 施設及び関連施設の維持管理
(1) 計画的な施設維持管理の実施
(2) 来館者の安全・安心を最優先した管理運営の実施

4 市史・町史編さん事業の推進
(1) 相模原市史・津久井町史に関係する講演会の開催

5 博物館評価の実施
(1)より親しまれる博物館の実現を目指した博物館評価の実施

施設概要

敷地面積 9,999.48㎡
 構  造 鉄筋コンクリート造一部鉄骨
鉄筋コンクリート造・鉄筋造
 規  模 地下1階・地上3階建て
 建築面積  5,081.03㎡
 延床面積  9,510.24㎡
 内訳
展示スペース     1,907㎡
(常設展示室     1,297㎡)
(特別展示室      487㎡)
学習スペース      453㎡
プラネタリウム     648㎡
研究スペース     1,038㎡
収蔵スペース     1,570㎡
管理・共用スペース  3,894㎡

シンボルマークについて

平成17年秋に博物館は、開館10周年を迎え、これを機にシンボルマークを作ることになり、県立弥栄東高校の美術コース1年生に制作をお願いしました。生徒のみなさんは、各自のイメージした作品制作に取り組み、審査会を経て1点が選ばれました。 シンボルマーク まん中の切れ目は、相模原のイニシャル「S」を表すとともにそのまわりの形は勾玉(まがたま)をイメージしています。シンボルマーク全体はプラネタリウムを表現しています。

「博物館概要」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。