博物館ミニ展示「旧石器時代の道具〜狩りの道具とその変化〜」

博物館ミニ展示「旧石器時代の道具〜狩りの道具とその変化〜」

会期 令和2年6月9日(火)〜9月22日(火)

会場 相模原市立博物館 1階 常設展示室

市内の遺跡から出土した旧石器時代の石器をもとに、当時の狩りの道具がどのように作られたのか、実物資料から作り方を紹介します。また、狩りの道具がどのように変化したのかあわせて紹介いたします。いつもは収蔵している石器を展示しております。

※相模原市立博物館は6/9(火)より開館いたしますが、ご利用はエントランス及び常設展示室の自然・歴史展示室のみの一部会館となります。

※また、当面の間、開館時間は9時30分、閉館時間は通常より1時間早い16時までとなっております。