番組紹介

プラネタリウム番組

プラネタリウム番組は、当日の夜に見える星座などを紹介する『星空案内』と『テーマ解説』の二部構成です。(「全天周映画」は基本的に星空解説はありません)県内最大級の直径23メートルのドームに広がる美しい星たちと約40分の生解説をお楽しみください。

ニューホライズンズが見た冥王星~太陽系を探るカギ~7月12日~9月25日 

冥王星ポスター昨年夏にNASAの探査機「ニューホライズンズ」が冥王星に接近し、冥王星の鮮明な映像を私たちに届けてくれました。また、かつて太陽系最果ての惑星とされていた冥王星は、今からちょうど10年前に惑星から準惑星に分類され、惑星ではなくなりました。「ニューホライズンズ」の接近観測から1年たち、観測 結果から新たな「冥王星」の姿がわかってきました。冥王星をカギに、観覧者のみなさんを太陽系を探る旅へといざなうプラネタリウム番組です。どうぞみなさんでお楽しみください。(小学校高学年以上の方におすすめです)

全番組投影スケジュール・観覧料はこちら

【こどもプラネタリウム】リーベルタース天文台だより 夏の星座の物語   6月18日~8月31日

4月からおリーベルポスター夏横20160406楽しみいただいている、こどもプラネタリウム「リーベルタース天文台だより」の夏バージョンがスタートします。
 リーベルタースの森にある天文台には、いつも子どもたちに星のお話しをしてくれる優しい番人、マヌルネコさんが住んでいます。
 今回、マヌルネコさんは、「たなばた」のお話しだけでなく、夏の美しい星空や、天の川についてもやさしく教えてくれます。               

 

解説員による当日の星空案内(生解説)とオート番組の二部構成です。※小学校低学年くらいまでのお子さまとそのご家族におすすめです。※投影時間は、約40分間です。入場開始は投影開始時刻の10分前から、途中の入退場はできません。

 全番組投影スケジュール・観覧料はこちら 

「おためしタイム」(日祝日の12:10~約10分程度・無料) 4月3日~

デジタルプラネタリウムを使って、今までとは一味違ったことにも挑戦します!プラネタリウムが初めての人にも、よく見に行く人にもお楽しみいただけるようなお時間です。

おためしタイムHP用

 

全天周映画

 直径23メートルのドームスクリーンに映し出す映像は、通常の映画の約10倍もの大きさで目の前に迫ります。その臨場感と迫力は「観る映画」ではなく、まさに「体験する映画」です。

夏休み特別上映 7月16日~8月31日

夏休み特別上映期間限定で、全天周映画作品の、「かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち」と、「オーロラを見た恐竜たち」を上映しますので、是非お楽しみください。

●かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち(13時30分から)

  Zorori_B2poster_fix0217 ゾロリたちがたどりついたのは謎の星、ムムーン星。そこで美少女・クララに一目ぼれしたゾロリは、彼女のハートをゲットするため、星に住みついた<巨大怪獣退治>を引きうけてしまう・・・ゾロリはイシシ・ノシシとともに、無事に宇宙から地球に帰ることができるのか?※映画の上映のみで、星空解説はありません。※幼児及び小学生向け

かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち                                                                ©2015 原ゆたか/ポプラ社、映画かいけつゾロリ製作委員会

●オーロラを見た恐竜たち~アラスカの大地、繰り広げられる命のつながり~(15時50分から)

  AURORA_B5_4COL7,000万年前のアラスカ。冬にはまったく太陽が昇らなくなってしまうこの地、生き物が暮らすにはとても厳しい場所です。けれどもこの極寒の地に生きる恐竜たちが存在しました。※映画の上映のみで、星空解説はありません。※小学生以上向け

 

                                                                                                                 ©2011オーロラを見た恐竜たち製作委員会

全番組投影スケジュール・観覧料はこちら

HAYABUSA2   RETURN TO THE UNIVERSE

HAYABUSA2チラシ

2010年6月13日、劇的な帰還を遂げた「はやぶさ」。

この作品は、全国のプラネタリウムで好評を博した「HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-」の続編です。

はやぶさは工学的、理学的成果をもたらしただけではありません。自ら燃え尽きながらもカプセルを届けたはやぶさの姿が、日本全国に熱烈なファンを生み出し、それぞれが宇宙への意識を広げる、大きなきっかけとなりました。

この作品は“はやぶさ2ミッション”の全貌を理解してもらうと同時に、「はやぶさ2」が、はやぶさの意志を「継ぐ者」であることを示し、はやぶさや宇宙開発に興味を持つ沢山の人々の心のよりどころとなることを目指します。                        監督 上坂 浩光

 *「HAYABUSA2   RETURN TO THE UNIVERSE」は現在のスケジュールでは上映していません。団体予約等でご覧になる事ができます。

※上映時間は約40分間です。 入場開始は投影開始時刻の10分前から、途中の入退場はできません。

 HAYABUSA BACK TO THE EARTH~帰還バージョン・ディレクターズカット版~

KikanPoster_edit_v07-下タイトル-Merged_All

あの感動をもういちど!!

小惑星探査機「はやぶさ」は、2003年5月に打ち上げられた後、数々のトラブルに見舞われながらもそれを乗り越え、予定を大きく上まわる7年間の長旅に耐え、小惑星「イトカワ」のサンプルを無事、地球に送り届ました。2010年6月13日、サンプルの入ったカプセルを放出した後、「はやぶさ」の機体は地球大気の中で燃え尽きましたが、その最後の輝きは今も多くの人々の目に焼きついています。

この映画は「はやぶさ」の探査の目的や宇宙での様子を精密なCGで描いた科学解説の作品であると同時に、心に強く訴えるテーマをもった名作です。

波乱と感動に満ちた「はやぶさ」の冒険の旅をでドームいっぱいに広がる映像でお楽しみ下さい。

*「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」は現在のスケジュールでは上映していません。団体予約等でご覧になる事ができます。

※上映時間は約45分間です。