番組紹介

プラネタリウム番組

プラネタリウム番組は、当日の夜に見える星座などを紹介する『星空案内』と『テーマ解説』の二部構成です。(「全天周映画」は基本的に星空解説はありません)県内最大級の直径23メートルのドームに広がる美しい星たちと約40分の生解説をお楽しみください。

  

【プラネタリウム】太陽系総選挙~みんなの1番紹介します~

©NASA 、©JAXA

 昨年末に実施した、惑星や探査機に関するアンケート結果をランキング形式で発表します。選ばれた惑星や探査機の紹介はもちろん、番組独自のランキングもあわせてお楽しみいただけます。
 2018年はこれから色々な惑星の見ごろがやってきます。この番組を見たら、星空を眺めるのがもっともっと楽しくなるかもしれませんよ!

 

投影期間:3月6日(火)から4月27日(金)まで

詳しい投影スケジュールはこちら 

 

【プラネタリウム】ハッブル宇宙望遠鏡が見た宇宙

©ESA/Hubble & NASA ©NASA,ESA ©NASA ©NASA, ESA, the Hubble Heritage Team(STScl/AURA)

 平成28年に当館で制作した番組「ハッブル宇宙望遠鏡が見た宇宙」を、新たな観測成果を盛り込んで投影します。
 ハッブル宇宙望遠鏡は、宇宙に浮かぶ大型望遠鏡です。打ち上げから現在まで28年間の成果は、天文学史に残る発見が多数あります。また、その美しい映像は私たちを魅了するものです。これらについて詳しくご紹介するとともに、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい天体の数々を、23mのドームいっぱいの迫力ある映像でお楽しみいただきます。

 また、後継機であるジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡についてもお話します。

投影期間:4月28日(土)から6月12日(火)まで

詳しい投影スケジュールはこちら 

 

プラネタリウム】春の星空模様

全編生解説のプラネタリウム「星空模様」の春バージョンがスタートします。星空模様では、その日の夜に見える星空だけでなく、夜中にみえる星たちもご紹介します。また、解説員ごとにおすすめポイントが違っているところも、お楽しみのひとつです。
春の星座解説はもちろん、毎月変わるミニテーマもお見逃しなく!


春の星空模様のミニテーマ
4月のミニテーマは「北斗七星」
5月のミニテーマは「星座ビッグスリー」

※小学校高学年以上の方におすすめです。  

投影期間:4月7日(土)から5月27日(日)まで

詳しい投影スケジュールはこちら 

 

【こどもプラネタリウム】リーベルタース天文台だより~春の星座の物語~

©TC/八木大

「リーベルタース天文台だより」が、「春の星座の物語」に変わります。

リーベルタースの森の真ん中には天文台があります。天文台には、いつも子どもたちに星のお話をしてくれる優しい番人、マヌルネコさんが住んでいます。今回、マヌルネコさんは、春の星座の「ヘルクレスの怪物退治」をお話ししてくれます。

 

※この番組は解説員による「星空案内」と、プラネタリウム用オリジナルアニメ番組の二部構成です。小学校低学年くらいまでのお子さまとそのご家族におすすめです。

投影期間:3月3日(土)から5月27日(日)まで

詳しい投影スケジュールはこちら

 

 「おためしタイム」(日・祝日の12:10~約10分程度・無料) 

 

デジタルプラネタリウムを使って、今までとは一味違ったことにも挑戦します!プラネタリウムが初めての人にも、よく見に行く人にもお楽しみいただけるようなお時間です。

4月~6月のおためしタイムは

「惑星の動きを知ろう!です。

惑う星と書いて、惑星。その理由をわかりやすく解説します。お楽しみに!

詳しい投影スケジュールはこちら

全天周映画

 直径23メートルのドームスクリーンに映し出す迫力ある映像は、「観る映画」ではなく、まさに「体験する映画」です。

 

【全天周映画】
ISS(国際宇宙ステーション)からの眺め
同時上映:まくまくんの星空大冒険

©Altair/NASA ©NHK/dwarf

 高度400kmに建設された「ISS(国際宇宙ステーション)」は、宇宙の巨大な研究施設・実験場です。この施設では、宇宙飛行士が常時滞在し、日本の実験棟「きぼう」をはじめ、各国の実験施設で、様々な研究や実験を行っています。この番組ではISSの内部やISSから観測した地球の映像をお楽しみ頂けます。

 陸地、海、雲をはじめ、オーロラや雷などの自然現象、また、ネオンによって浮かび上がる大都市など、息を呑むような美しい映像をお楽しみください。


 また、ストップモーションアニメーションと季節の星空解説をお楽しみ頂ける、「まくまくんの星空大冒険」も併せて上映します。

※4月5日~5月27日までは「まくまくんの星空大冒険(春の星座)」を上映いたします。

※この作品は、同時上映作品と併せて約40分間の全天周映画です。解説員による星空の解説はありません。

投影期間:4月5日(木)~7月20日(金)

詳しい投影スケジュールはこちら

 

【全天周映画】HAYABUSA2   RETURN TO THE UNIVERSE

HAYABUSA2チラシ
©ライブ、HAYABUSA2製作委員会

2010年6月13日、劇的な帰還を遂げた「はやぶさ」。

この作品は、全国のプラネタリウムで好評を博した「HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-」の続編です。はやぶさは工学的、理学的成果をもたらしただけではありません。自ら燃え尽きながらもカプセルを届けたはやぶさの姿が、日本全国に熱烈なファンを生み出し、それぞれが宇宙への意識を広げる、大きなきっかけとなりました。

この作品は“はやぶさ2ミッション”の全貌を理解してもらうと同時に、「はやぶさ2」が、はやぶさの意志を「継ぐ者」であることを示し、はやぶさや宇宙開発に興味を持つ沢山の人々の心のよりどころとなることを目指します。                        監督 上坂 浩光

 *「HAYABUSA2   RETURN TO THE UNIVERSE」は現在のスケジュールでは上映していません。団体予約等でご覧になる事ができます。

※上映時間は約40分間です。 入場開始は投影開始時刻の10分前から、途中の入退場はできません。

 

【全天周映画】HAYABUSA BACK TO THE EARTH~帰還バージョン・ディレクターズカット版~

KikanPoster_edit_v07-下タイトル-Merged_All
©ライブ、「はやぶさ」大型映像制作委員会

あの感動をもういちど!!

小惑星探査機「はやぶさ」は、2003年5月に打ち上げられた後、数々のトラブルに見舞われながらもそれを乗り越え、予定を大きく上まわる7年間の長旅に耐え、小惑星「イトカワ」のサンプルを無事、地球に送り届ました。2010年6月13日、サンプルの入ったカプセルを放出した後、「はやぶさ」の機体は地球大気の中で燃え尽きましたが、その最後の輝きは今も多くの人々の目に焼きついています。

この映画は「はやぶさ」の探査の目的や宇宙での様子を精密なCGで描いた科学解説の作品であると同時に、心に強く訴えるテーマをもった名作です。

波乱と感動に満ちた「はやぶさ」の冒険の旅をでドームいっぱいに広がる映像でお楽しみ下さい。

*「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」は現在のスケジュールでは上映していません。団体予約等でご覧になる事ができます。

※上映時間は約45分間です。