イベントカレンダー

イベント名をクリックするとイベントの詳細に移動します。

※タイトル、内容、日程等は都合により変更になる場合があります

11月
18
平成29年度 学びの収穫祭
11月 18 – 11月 19 全日

博物館で活動するボランティアグループや、学芸員が活動や研究をサポートしている郷土研究グループ、そして学校の部活動や学生研究など、さまざまな市民が集って研究活動発表を行います。展示発表や口頭発表会、ワークショップなど、どなたでもご参加いただけます。市民とともに歩む博物館の活動のようすをぜひご覧下さい。

 

ポスターのPDF版はこちら

OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2, 1/50 sec, ISO200)
口頭発表会のようす(昨年)

日時:11月18日(土)、19日 10:00~16:30
場所:相模原市立博物館地階ホワイエ、大会議室など
発表内容:プログラム(案)をご覧下さい。
(発表者、内容は予定です。予告なく変更することがあります)
(ポスターと発表の時間帯の表示が異なりますが、プログラムの方が最新版で正しいものとなります)

 

OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2, 1/100 sec, ISO100)
展示発表のようす(昨年)
OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2, 1/40 sec, ISO200)
ボランティアグループによるワークショップ(昨年)

 

12月
10
相模原市立博物館学芸員講話 さがみはらの博物誌~学芸員リレートーク&スタンプラリー~
12月 10 @ 2:00 PM – 4:00 PM

「さがみはらの博物誌」として、相模原市立博物館学芸員講話全5回を開催します。

各回ごとに独立したテーマなので、興味がある回のみに参加することもできますが、全5回中4回以上参加することによって特典が付くスタンプラリーになっていますので、この機会に様々なジャンルの講演会に参加してみてはいかがでしょうか。

事前申し込み不要、先着200名様までです。毎回午後2時から4時までです。直接、博物館にご来館ください。

11月18日(土)「火山が作った相模原台地」河尻清和(地質担当学芸員)

12月10日(日)「相模原が”柴胡が原”と呼ばれていたころ」秋山幸也(生物担当学芸員)

平成30年1月14日(日)「中世庭園から津久井城をみる」中川真人(考古学担当学芸員)

平成30年2月11日(日)「謎のさがみはら中世武士列伝」木村弘樹(歴史担当学芸員)

平成30年3月11日(日)「津久井の祭り」加藤隆志(民俗担当学芸員)

※イベントチラシ自体がスタンプラリー台紙になっています。各回参加ごとにチラシにスタンプを押します。このスタンプも回ごとに絵柄が異なっていますのでお楽しみに。

1月
14
相模原市立博物館学芸員講話 さがみはらの博物誌~学芸員リレートーク&スタンプラリー~
1月 14 @ 2:00 PM – 4:00 PM

「さがみはらの博物誌」として、相模原市立博物館学芸員講話全5回を開催します。

各回ごとに独立したテーマなので、興味がある回のみに参加することもできますが、全5回中4回以上参加することによって特典が付くスタンプラリーになっていますので、この機会に様々なジャンルの講演会に参加してみてはいかがでしょうか。

事前申し込み不要、先着200名様までです。毎回午後2時から4時までです。直接、博物館にご来館ください。

11月18日(土)「火山が作った相模原台地」河尻清和(地質担当学芸員)

12月10日(日)「相模原が”柴胡が原”と呼ばれていたころ」秋山幸也(生物担当学芸員)

平成30年1月14日(日)「中世庭園から津久井城をみる」中川真人(考古学担当学芸員)

平成30年2月11日(日)「謎のさがみはら中世武士列伝」木村弘樹(歴史担当学芸員)

平成30年3月11日(日)「津久井の祭り」加藤隆志(民俗担当学芸員)

※イベントチラシ自体がスタンプラリー台紙になっています。各回参加ごとにチラシにスタンプを押します。このスタンプも回ごとに絵柄が異なっていますのでお楽しみに。

2月
11
相模原市立博物館学芸員講話 さがみはらの博物誌~学芸員リレートーク&スタンプラリー~
2月 11 @ 2:00 PM – 4:00 PM

「さがみはらの博物誌」として、相模原市立博物館学芸員講話全5回を開催します。

各回ごとに独立したテーマなので、興味がある回のみに参加することもできますが、全5回中4回以上参加することによって特典が付くスタンプラリーになっていますので、この機会に様々なジャンルの講演会に参加してみてはいかがでしょうか。

事前申し込み不要、先着200名様までです。毎回午後2時から4時までです。直接、博物館にご来館ください。

11月18日(土)「火山が作った相模原台地」河尻清和(地質担当学芸員)

12月10日(日)「相模原が”柴胡が原”と呼ばれていたころ」秋山幸也(生物担当学芸員)

平成30年1月14日(日)「中世庭園から津久井城をみる」中川真人(考古学担当学芸員)

平成30年2月11日(日)「謎のさがみはら中世武士列伝」木村弘樹(歴史担当学芸員)

平成30年3月11日(日)「津久井の祭り」加藤隆志(民俗担当学芸員)

※イベントチラシ自体がスタンプラリー台紙になっています。各回参加ごとにチラシにスタンプを押します。このスタンプも回ごとに絵柄が異なっていますのでお楽しみに。

3月
11
相模原市立博物館学芸員講話 さがみはらの博物誌~学芸員リレートーク&スタンプラリー~
3月 11 @ 2:00 PM – 4:00 PM

「さがみはらの博物誌」として、相模原市立博物館学芸員講話全5回を開催します。

各回ごとに独立したテーマなので、興味がある回のみに参加することもできますが、全5回中4回以上参加することによって特典が付くスタンプラリーになっていますので、この機会に様々なジャンルの講演会に参加してみてはいかがでしょうか。

事前申し込み不要、先着200名様までです。毎回午後2時から4時までです。直接、博物館にご来館ください。

11月18日(土)「火山が作った相模原台地」河尻清和(地質担当学芸員)

12月10日(日)「相模原が”柴胡が原”と呼ばれていたころ」秋山幸也(生物担当学芸員)

平成30年1月14日(日)「中世庭園から津久井城をみる」中川真人(考古学担当学芸員)

平成30年2月11日(日)「謎のさがみはら中世武士列伝」木村弘樹(歴史担当学芸員)

平成30年3月11日(日)「津久井の祭り」加藤隆志(民俗担当学芸員)

※イベントチラシ自体がスタンプラリー台紙になっています。各回参加ごとにチラシにスタンプを押します。このスタンプも回ごとに絵柄が異なっていますのでお楽しみに。