イベントカレンダー

イベント名をクリックするとイベントの詳細に移動します。

※タイトル、内容、日程等は都合により変更になる場合があります

11月
24
吉野宿ふじや「作品朗読とお話」③
11月 24 全日

吉野宿ふじや企画展「児童文学者 丘 修三」展の関連事業として、吉野宿ふじやにて「作品朗読とお話」を行います。

作者ご本人に、作品朗読や創作動機などを語っていただきます。※内容は毎回異なります。

  日 時 10月20日(日)・11月17日(日)・11月24日

      午後1時30分から

  講 師 丘修三さんほか

  定 員 30名(先着順 直接会場までお越しください)

  参加費   無料

  会 場  吉野宿ふじや

  企 画・問い合わせ NPO法人ふじの里山くらぶ

           (042-687-5022)

吉野宿ふじや企画展「児童文学者 丘 修三」展についてはこちらをご覧ください。

12月
7
第4回宇宙フェスタさがみはら~リュウグウのかけらを相模原へ!ガンバレ「はやぶさ2」~
12月 7 全日

博物館を会場に様々な宇宙に関するイベントを実施する「宇宙フェスタさがみはら」を今年度も実施します。

今回のテーマは2020年末頃に地球へ帰還する予定の小惑星探査機「はやぶさ2」。

「はやぶさ2」をテーマに、はやぶさ2プロジェクトチームの研究者が登壇する講演会や当日限定でプラネタリウムの上映プログラムを変更して実施するほか、誰でも気軽に楽しめる宇宙に関係したイベントやワークショップが盛りだくさんです。

※講演会のみ事前申込制です。詳しくは下記のイベント内容をご確認ください。
※11/17追記※
講演会の事前申込は定員に達したため、終了いたしました。

第4回宇宙フェスタチラシ(表)

第4回宇宙フェスタチラシ(裏)

イベント内容

・講演会※事前申込制
(13:30~15:40)

①小惑星「リュウグウ」という不思議な世界
 講師:吉川 真さん(JAXA宇宙科学研究所准教授)

②「はやぶさ2」による難攻不落の「リュウグウ」攻略
 講師:佐伯 孝尚さん(JAXA宇宙科学研究所助教)

申込方法:11/15~12/4に相模原市コールセンター(042-770-7777)まで電話申込(8:00~21:00)
※11/17追記※
講演会の事前申込は定員に達したため、終了いたしました。

・昼間のプチ観望会
(10:30~11:30、14:30~15:30)

博物館にある口径40㎝の大型望遠鏡で昼間でも見える天体を観望します。

・プラネタリウム

11:00【こどもプラネタリウム】宇宙フェスタ特別バージョン
13:30【全天周映画】HAYABUSA BACK TO THE EARTH 帰還バージョンDC版
14:40【プラネタリウム】もっと!「はやぶさ2」が見た“リュウグウ”2019秋
15:50【全天周映画】HAYABUSA2 RETURN TO THE UNIVERSE リュウグウ版

※各回約40分

・紙芝居&絵本の読み聞かせ会
(11:45~、14:20~)

宇宙をテーマにした紙芝居や絵本の読み聞かせ会を行います。
演目は当日のお楽しみ!

・星のストラップ作り
(10:00~、13:00~)

作って持ち帰ることができる、星型のストラップ作り体験をすることができます。※各回先着50名

・宇宙飛行士訓練服で記念撮影コーナー
(9:30~17:00)

宇宙飛行士の訓練服(レプリカ)を着て記念撮影できる、フォトスポットを設置します。いろいろなサイズの訓練服をご用意してありますので、お一人様から家族でもお楽しみいただけます。

12月
15
さがプロ2020五大陸考古学講座 第3回「オセアニア」
12月 15 @ 2:00 PM – 4:00 PM

「さがプロ2020」は、相模原市が2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の機運を高めるとともに、本市の魅力を広くPRするものです。博物館では、海外の歴史や文化を学べる機会として、全6回の五大陸考古学講座を開催します。

定  員 200名(各回毎に電話申込み・先着順)
開   催   日 2019年10月~2020年3月の毎月第3日曜日
申込開始 各開催回の前月17日から前日まで
申   込   先 相模原市コールセンター(☎042-770-7777) 
※博物館では申込みはお受付できませんので、ご注意下さい。

チラシ(表)
チラシ(裏)

第3回 オセアニア

日 時 2019年12月15日(日)
    午後2時~4時(開場午後1時30分)

講 師 山口 徹さん(慶應義塾大学教授)

演 題
「楽園」と災害を島で掘る ~プカプカ環礁の考古学~

内 容
南太平洋上に広がる楽園の孤島。クック諸島のプカプカ環礁もその一つで、既に2,000年前に人々が暮らしていたことが明らかにされました。サンゴでできた島、サイクロンによる災害など、オセアニアの人々は自然とどう向き合ってきたのか。丹念なフィールドワークと学際的な調査により、島景観の歴史を復元します。

1月
18
尾崎咢堂記念館近現代史講演会 「福沢諭吉と政治-議員、選挙をどう見ていたか-」
1月 18 @ 2:00 PM – 4:00 PM

尾崎咢堂記念館近現代史講演会 「福沢諭吉と政治-議員、選挙をどう見ていたか-」

尾崎咢堂記念館では、尾崎行雄(咢堂)が活躍した明治から昭和前半頃に活躍した人物に関わる近現代史講演会を定期的に開催しています。今回は尾崎咢堂の恩師とも言える「福沢諭吉」に関する講演会を、専門家を招いて開催します。

講演会名 「福沢諭吉と政治-議員、選挙をどう見ていたか-」」

日時 令和2年1月18日(土) 午後2時から4時

場所 尾崎咢堂記念館 多目的室(相模原市緑区又野691 042-784-0660)

講師 慶應義塾高等学校 教諭 末木孝典 氏

    (慶應義塾福澤研究センター所員)

定員 40名(当日先着順 直接会場までお越しください)

問い合わせ 尾崎咢堂記念館 042-784-0660

福澤講演会チラシ R2.1.18

 

福沢諭吉写真(近代日本の肖像より)

 

1月
19
さがプロ2020五大陸考古学講座 第4回「アフリカ」
1月 19 @ 2:00 PM – 4:00 PM

「さがプロ2020」は、相模原市が2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の機運を高めるとともに、本市の魅力を広くPRするものです。博物館では、海外の歴史や文化を学べる機会として、全6回の五大陸考古学講座を開催します。

定  員 200名(各回毎に電話申込み・先着順)
開   催   日 2019年10月~2020年3月の毎月第3日曜日
申込開始 各開催回の前月17日から前日まで
申   込   先 相模原市コールセンター(☎042-770-7777) 
※博物館では申込みはお受付できませんので、ご注意下さい。

チラシ(表)
チラシ(裏)

第4回 アフリカ

日 時 2020年1月19日(日)
    午後2時~4時(開場午後1時30分)

講 師 馬場匡浩さん(早稲田大学エジプト学研究所研究員)

演 題
エジプトを掘る

内 容
古代エジプトにおいて王(ファラオ)が統一し、ピラミッドやスフィンクスなどに代表されるエジプト文明が誕生します。この王朝成立へとつながる紀元前3,000年以前の先王朝時代遺跡での豊富な発掘調査経験をもとに、ピラミッドが築かれた王国時代へ至るエジプト文明史を語ります。

2月
16
さがプロ2020五大陸考古学講座 第5回「ヨーロッパ」
2月 16 @ 2:00 PM – 4:00 PM

「さがプロ2020」は、相模原市が2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の機運を高めるとともに、本市の魅力を広くPRするものです。博物館では、海外の歴史や文化を学べる機会として、全6回の五大陸考古学講座を開催します。

定  員 200名(各回毎に電話申込み・先着順)
開   催   日 2019年10月~2020年3月の毎月第3日曜日
申込開始 各開催回の前月17日から前日まで
申   込   先 相模原市コールセンター(☎042-770-7777) 
※博物館では申込みはお受付できませんので、ご注意下さい。

チラシ(表)
チラシ(裏)

第5回 ヨーロッパ

日 時 2020年2月16日(日)
    午後2時~4時(開場午後1時30分)

講 師 津本英利さん(古代オリエント博物館主任研究員)

演 題 
ヒッタイト帝国の都市遺跡を掘る

内 容
紀元前1200年頃、現在のトルコを中心とするヒッタイト帝国の滅亡と共に、東地中海のキプロス島を中心に鉄の実用化が進み、人類は鉄器時代を迎えました。鉄利用の歴史に大きく関係するといわれるヒッタイト帝国は、オリエントの覇者となり、後世のヨーロッパ文明にも多大な影響を与えました。クシャックル遺跡の発掘調査成果をもとに、ヒッタイト帝国の都市遺跡の実像に迫ります。

3月
15
さがプロ2020五大陸考古学講座 第6回「アジア」
3月 15 @ 2:00 PM – 4:00 PM

「さがプロ2020」は、相模原市が2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の機運を高めるとともに、本市の魅力を広くPRするものです。博物館では、海外の歴史や文化を学べる機会として、全6回の五大陸考古学講座を開催します。

定  員 200名(各回毎に電話申込み・先着順)
開   催   日 2019年10月~2020年3月の毎月第3日曜日
申込開始 各開催回の前月17日から前日まで
申   込   先 相模原市コールセンター(☎042-770-7777) 
※博物館では申込みはお受付できませんので、ご注意下さい。

チラシ(表)
チラシ(裏)

第6回 アジア

日 時 2020年3月15日(日)
    午後2時~4時(開場午後1時30分)

講 師 市元 塁さん(東京国立博物館主任研究員)

演 題
皇帝陵からみる東アジア ~曹操高陵から隋の煬帝墓まで~

内 容
中国各地でおこなわれている発掘調査は、毎年のようにわたくしたちに新知見をもたらしてくれます。なかでも皇帝陵についてはここ20年内外で重要な成果が相次いでいます。陵墓の構造や副葬品、そして史書の記録などから、皇帝陵の実像に迫ります。