イベントカレンダー

イベント名をクリックするとイベントの詳細に移動します。

※タイトル、内容、日程等は都合により変更になる場合があります

1月
26
1月のさがみはら宇宙の日「水星磁気圏探査機『みお』について」~研究機関等公開講座 JAXAコース~
1月 26 @ 2:00 PM – 3:30 PM

毎月恒例「さがみはら宇宙の日」の1月版!

平成30年10月に打ち上げが成功した水星磁気圏探査機「みお」の開発初期から打ち上げ後の初期運用までの活動について、主として技術的な観点から話を聞けるチャンスです!

日時:平成31年1月26日(土)14:00~15:30

講師:小川博之さん(JAXA宇宙科学研究所教授)

講師の小川博之さん(JAXA宇宙科学研究所教授)

定員:150名(申込順)

申込期間:
市内在住か在勤・在学の人⇒12/15から1/14まで
市外の人        ⇒12/22から1/14まで
※生涯学習センターの休所日(12/20と12/29~1/3)を除く。

申込方法:相模原市立総合学習センターに直接電話(042-756-3443)で。

対象:中学生以上

※この講演会は生涯学習センターと博物館の共催です。

チラシはこちら→0126講演会チラシ

2月
9
宇宙フェスタさがみはら~相模原から水星へ~
2月 9 全日

「宇宙フェスタさがみはら~相模原から水星へ~」の開催について

JAXAがヨーロッパ宇宙機関(ESA)と協力して進める国際水星探査計画(BepiColombo)の探査機として、水星磁気圏探査機「みお」と水星表面探査機「MPO」が昨年10月20日に打ち上げられました。
「みお」の開発は市内のJAXA宇宙科学研究所で進められてきたことから、「相模原から水星へ」と題し、プロジェクトの最前線に立つJAXA早川基教授村上豪助教の講演と、惑星を題材にした漫画「惑わない星」の作者である石川雅之さんを交えた座談会(要事前申し込み)を開催します。※おかげさまで満席になりました。1/19追記


また、宇宙の映像と桜美林大学音楽専修学生による生演奏のコラボレーション「宇宙と音楽の夕べ」「昼間のプチ観望会」、宇宙フェスタ特別バージョンの「こどもプラネタリウム」、宇宙飛行士訓練服のレプリカを着用できる記念撮影コーナー「星のストラップ作り」、紙芝居等、幅広い世代が宇宙を身近に感じることができる1日です。ぜひ、ご来場下さい。

1 開催日 平成31年2月9日(土)
2 会 場 相模原市立博物館
3 主 催 宇宙フェスタさがみはら実行委員会(読売新聞東京本社、桜美林大学、にこにこ星ふちのべ商店会、相模原市、相模原市教育委員会)
4 参加費 無料(プラネタリウムは有料)
5 内 容

報道提供資料はこちら→報道提供資料(宇宙フェスタさがみはら)

チラシデータはこちら→チラシ表チラシ裏