イベントカレンダー

イベント名をクリックするとイベントの詳細に移動します。

※タイトル、内容、日程等は都合により変更になる場合があります

11月
1
学習資料展~ちょっと昔のくらし 第18回東京オリンピックの頃~
11月 1 2019 @ 9:30 AM – 2月 24 2020 @ 5:00 PM

子どもたちに昔のくらしを知ってもらう「学習資料展」を今年も開催します。

今回は東京2020オリンピックの開催にちなみ、1964年の第18回東京オリンピックの頃に使われていた生活道具を紹介します。

恒例の市民学芸員によるジオラマ制作として、当時の「居間」を手がけましたので、ぜひご覧ください。

会 期  令和元年11月1日(金)から令和2年2月24日(月・休)までの間の午前9時30分から午後5時まで

休館日  月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日に休館)、年末年始(12/28(土)から1/3(金))、1/15(水)、16(木)、2/12(水)

会 場  相模原市立博物館特別展示室

観覧料  無 料

主 催  相模原市立博物館

関連事業

 チャレンジ体験コーナー

○昔の遊び体験 ・ブンブンゴマ ・割り箸鉄砲 ・薬研、石臼挽き体験 ・折り紙 ・ヨーヨー体験 ・けんだま ・おはじき、レコード視聴など

○紙芝居実演(12:30~)

○ふるさといろはカルタ大会(12:50~)

かるた大会イメージ

○展示解説

日時:チャレンジ体験コーナー開催中

会場:市立博物館特別展示室

解説:市民学芸員(希望者に対応する形)

日 時:

①令和元年11月 3日(日) 

②令和元年11月17日(日) 

③令和元年12月 1日(日) 

④令和元年12月15日(日) 

⑤令和2年 1月 5日(日)

⑥令和2年 1月19日(日) 

⑦令和2年 2月 2日(日)

⑧令和2年 2月16日(日)

いずれも午前10時から午後4時まで。

 指導:市民学芸員

1月
26
学芸員講話「300万年前、相模原は海だった 〜相模野台地の土台をつくる地層の話〜」
1月 26 @ 2:00 PM – 4:00 PM

学芸員講話第7回は、「300万年前、相模原は海だった 〜相模野台地の土台をつくる地層の話〜」をテーマに地質担当学芸員が講演を行います。

相模野台地の土台をつくっている地層は中津層群と呼ばれ、300万年前に海で堆積した泥や砂が固まってできました。中津層群の最新の研究からわかった300万年前の相模原周辺の地質や地形についてお話しします。

日 時:令和2126日(日)
                     午後2時~4時(1時30分開場)

会 場:相模原市立博物館 地階 大会議室

講演者:河尻 清和(当館地質担当学芸員)

定 員:200名(申込不要、先着順)

参加費:無料

2月
2
学習資料展関連事業  チャレンジ体験コーナー(昔あそび・道具体験)⑦
2月 2 全日

学習資料展関連事業  チャレンジ体験コーナー

○昔の遊び体験 ・ブンブンゴマ ・割り箸鉄砲 ・薬研、石臼挽き体験 ・折り紙 ・ヨーヨー体験 ・けんだま ・おはじき、レコード視聴など

○紙芝居実演(12:30~)

○ふるさといろはカルタ大会(12:50~)

かるた大会イメージ

○展示解説

解説:市民学芸員(希望者に対応する形)

【日 時】(11月から2月の第1、3日曜日に開催)

①令和元年11月 3日(日) 

②令和元年11月17日(日) 

③令和元年12月 1日(日) 

④令和元年12月15日(日) 

⑤令和2年 1月 5日(日)

⑥令和2年 1月19日(日) 

⑦令和2年 2月 2日(日)

⑧令和2年 2月16日(日)

いずれも午前10時から午後4時まで。

【会 場】市立博物館特別展示室

【指 導】市民学芸員

2月
9
繭うさぎ作り
2月 9 @ 11:00 AM – 4:00 PM

市民学芸員の指導のもとに、博物館が用意した繭を使い、繭うさぎ(一人に繭は一つ)を作ります。市民学芸員がやさしく教えてくれるため、どなたでも参加可能です。

作った繭はお持ち帰ることができます。ご希望の方は直接、地下・大会議室においで下さい。

【日  時】令和2年2月9日(日)
       11時00分~16時00分    

【会  場】相模原市立博物館 大会議室

【定  員】当日先着200名。

※ただし、用意した繭がなくなった時点で、予定終了前でも終了します。

【参加方法】直接会場(大会議室)まで     

【参 加 費】無 料

2月
16
学習資料展関連事業  チャレンジ体験コーナー(昔あそび・道具体験)⑧
2月 16 全日

学習資料展関連事業  チャレンジ体験コーナー

○昔の遊び体験 ・ブンブンゴマ ・割り箸鉄砲 ・薬研、石臼挽き体験 ・折り紙 ・ヨーヨー体験 ・けんだま ・おはじき、レコード視聴など

○紙芝居実演(12:30~)

○ふるさといろはカルタ大会(12:50~)

かるた大会イメージ

○展示解説

解説:市民学芸員(希望者に対応する形)

【日 時】(11月から2月の第1、3日曜日に開催)

①令和元年11月 3日(日) 

②令和元年11月17日(日) 

③令和元年12月 1日(日) 

④令和元年12月15日(日) 

⑤令和2年 1月 5日(日)

⑥令和2年 1月19日(日) 

⑦令和2年 2月 2日(日)

⑧令和2年 2月16日(日)

いずれも午前10時から午後4時まで。

【会 場】市立博物館特別展示室

【指 導】市民学芸員

3月
1
民俗学講演会「妖怪と伝説」
3月 1 @ 2:00 PM – 4:00 PM

相模原には様々な妖怪が伝承されています。

今回は、『学校の怪談』の執筆者でもあり、妖怪研究でもご活躍されている常光徹氏に妖怪の伝説について語っていただきます。

お子様でも楽しめる内容ですので、ぜひご参加ください。

日 時:令和日(日)
                     午後2時~4時(1時30分開場)

会 場:相模原市立博物館 地階 大会議室

講演者:常光 徹(映画「学校の怪談」原作者)

定 員:200名(申込不要、先着順)

参加費:無料

3月
14
尾崎咢堂記念館近現代史講演会 「伊藤博文の業績と現代」(仮)
3月 14 @ 2:00 PM – 4:00 PM

尾崎咢堂記念館近現代史講演会 「伊藤博文の業績と現代」(仮)

尾崎咢堂記念館では、尾崎行雄(咢堂)が活躍した明治から昭和前半頃に活躍した人物に関わる近現代史講演会を定期的に開催しています。今回は尾崎咢堂が政友会で一時活動を共にした「伊藤博文」に関する講演会を、専門家を招いて開催します。

講演会名 「伊藤博文の業績と現代」(仮)

日時 令和2年3月14日(土) 午後2時から4時

場所 尾崎咢堂記念館 多目的室(相模原市緑区又野691 042-784-0660)

講師 旧伊藤博文金沢別邸館長 寺岡 真理子さん

定員 40名(当日先着順 直接会場までお越しください)

問い合わせ 尾崎咢堂記念館 042-784-0660

 

伊藤博文写真(国立国会図書館「近代日本の肖像」より)

 

 

3月
21
市史講演会 「戦後世界史のなかのキャンプ座間 」
3月 21 @ 2:00 PM – 4:00 PM

市史講演会 「戦後世界史のなかのキャンプ座間 」

軍都として開発が進展した相模原、米軍の進駐と占領政策の転換によるキャンプ座間の誕生、朝鮮戦争と米軍基地の恒久化、ベトナム戦争と戦車闘争、様々な出来事を通しての動きをグローバルな視点から語っていただきます。

講演会名  「戦後世界史のなかのキャンプ座間 」

日時 令和2年3月21日(土)午後2時~4時(1時30分開場)

場所 相模原市立博物館 地階 大会議室

講師 栗田尚弥さん

  (相模原市史・津久井町史執筆者、國學院大學講師)

定員 200名(申込不要、当日先着順 直接会場までお越しください)

問い合わせ 相模原市立博物館 042-750-8030