イベントカレンダー

イベント名をクリックするとイベントの詳細に移動します。

※タイトル、内容、日程等は都合により変更になる場合があります

1月
26
生きものミニサロン
1月 26 @ 12:00 PM – 12:30 PM

季節ごとの身近な生きものの観察や、生きものに関するミニレクチャーを楽しむ30分です。内容はその時々の季節の話題を中心に、直前に決まります。お申し込み不要、参加費無料です。

詳しくはこちらをご覧下さい。

OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2.8, 1/320 sec, ISO100)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

NIKON D850 (24mm, f/5, 1/250 sec, ISO200)

1月のさがみはら宇宙の日「水星磁気圏探査機『みお』について」~研究機関等公開講座 JAXAコース~
1月 26 @ 2:00 PM – 3:30 PM

毎月恒例「さがみはら宇宙の日」の1月版!

平成30年10月に打ち上げが成功した水星磁気圏探査機「みお」の開発初期から打ち上げ後の初期運用までの活動について、主として技術的な観点から話を聞けるチャンスです!

日時:平成31年1月26日(土)14:00~15:30

講師:小川博之さん(JAXA宇宙科学研究所教授)

講師の小川博之さん(JAXA宇宙科学研究所教授)

定員:150名(申込順)

申込期間:
市内在住か在勤・在学の人⇒12/15から1/14まで
市外の人        ⇒12/22から1/14まで
※生涯学習センターの休所日(12/20と12/29~1/3)を除く。

申込方法:相模原市立総合学習センターに直接電話(042-756-3443)で。

対象:中学生以上

※この講演会は生涯学習センターと博物館の共催です。

チラシはこちら→0126講演会チラシ

1月
27
平成30年度考古学講座
1月 27 @ 2:00 PM – 4:00 PM

縄文時代をテーマにした全4回の考古学講座です。この講座をきっかけに縄文の魅力を感じていただき、さらに学んでみたいとなればと思い、「縄文学(まなび)事始」としてみました。各回とも事前申し込みは不要で、全回はもちろん、お聞きになりたい回だけの参加でもOkです。

第1回 平成30年11月18日(日) 午後2時~4時

「石の縄文文化誌」

 講師:中川真人(当館考古担当学芸員)

第2回 平成30年12月23日(日) 午後2時~4時

「土器づくりのムラ」

 講師:山本孝司さん(東京都埋蔵文化財センター)

第3回 平成31年1月27日(日) 午後2時~4時

「縄文時代の墓と祖先観」

 講師:阿部友寿さん(かながわ考古学財団)

第4回 平成31年2月24日(日) 午後2時~4時

「縄文の美を楽しむ」

 講師:井出浩正さん(東京国立博物館)

 ※各回とも開場は1時30分から

2月
3
学習資料展関連事業  チャレンジ体験コーナー(昔あそび・道具体験)
2月 3 @ 10:00 AM – 4:00 PM

学習資料展関連事業  チャレンジ体験コーナー

○昔の遊び体験 ・ブンブンゴマ ・割り箸鉄砲 ・薬研、石臼挽き体験 ・折り紙 ・ヨーヨー体験 ・けんだま ・おはじき、レコード視聴などFUJITSU F-01F (3.69mm, f/2.2, 1/25 sec, ISO84)
FUJITSU F-01F (3.69mm, f/2.2, 1/25 sec, ISO84)
FUJITSU F-01F (3.69mm, f/2.2, 1/25 sec, ISO84)

○紙芝居実演・チャレンジ体験コーナー内で1日1回(12:30~13:00)紙芝居の実演を行う。FUJITSU F-01F (3.69mm, f/2.2, 1/25 sec, ISO101)
FUJITSU F-01F (3.69mm, f/2.2, 1/25 sec, ISO101)
FUJITSU F-01F (3.69mm, f/2.2, 1/25 sec, ISO101)

○ふるさといろはカルタ大会(随時)

かるた大会イメージ

○展示解説

日時:チャレンジ体験コーナー開催中

会場:市立博物館特別展示室

解説:市民学芸員(希望者に対応する形)

日 時(11月から2月の第1、3日曜日に開催)

①平成30年11月 4日(日) 

②平成30年11月18日(日) 

③平成30年12月 2日(日) 

④平成30年12月16日(日) 

⑤平成31年 1月 6日(日)

⑥平成31年 1月20日(日) 

⑦平成31年 2月 3日(日)

⑧平成31年 2月17日(日)

いずれも午前10時から午後4時までとする。

 指導:市民学芸員

 

観覧料  無 料

報道提供資料はこちら(チラシデータ付き)→ まなべる くらべる 学習資料展

2月
9
宇宙フェスタさがみはら~相模原から水星へ~
2月 9 全日

「宇宙フェスタさがみはら~相模原から水星へ~」の開催について

JAXAがヨーロッパ宇宙機関(ESA)と協力して進める国際水星探査計画(BepiColombo)の探査機として、水星磁気圏探査機「みお」と水星表面探査機「MPO」が昨年10月20日に打ち上げられました。
「みお」の開発は市内のJAXA宇宙科学研究所で進められてきたことから、「相模原から水星へ」と題し、プロジェクトの最前線に立つJAXA早川基教授村上豪助教の講演と、惑星を題材にした漫画「惑わない星」の作者である石川雅之さんを交えた座談会(要事前申し込み)を開催します。※おかげさまで満席になりました。1/19追記


また、宇宙の映像と桜美林大学音楽専修学生による生演奏のコラボレーション「宇宙と音楽の夕べ」「昼間のプチ観望会」、宇宙フェスタ特別バージョンの「こどもプラネタリウム」、宇宙飛行士訓練服のレプリカを着用できる記念撮影コーナー「星のストラップ作り」、紙芝居等、幅広い世代が宇宙を身近に感じることができる1日です。ぜひ、ご来場下さい。

1 開催日 平成31年2月9日(土)
2 会 場 相模原市立博物館
3 主 催 宇宙フェスタさがみはら実行委員会(読売新聞東京本社、桜美林大学、にこにこ星ふちのべ商店会、相模原市、相模原市教育委員会)
4 参加費 無料(プラネタリウムは有料)
5 内 容

報道提供資料はこちら→報道提供資料(宇宙フェスタさがみはら)

チラシデータはこちら→チラシ表チラシ裏

2月
10
今年もやります!「繭うさぎ作り」
2月 10 @ 11:00 AM – 4:30 PM

市民学芸員の指導のもとに、博物館が用意した繭を使い、繭うさぎ(一人に繭は一つ)を作ります。市民学芸員がやさしく教えてくれるため、どなたでも参加可能です。作った繭はお持ち帰ることができます。ご希望の方は直接、地下・大会議室においで下さい。定員は先着順・200名。ただし、用意した繭がなくなった時点で、予定終了前でも終了します。

2月
16
歴史講座「相模原のもののふ 横山党について」③
2月 16 @ 9:00 AM – 12:00 PM

こちらは、応募期間終了しました。

歴史講座「相模原のもののふ 横山党について」

平安末から鎌倉時代初期に市内及び周辺で活躍した武士団「横山党」について、座学及びゆかりの地への探訪で学びます。

日時 ①平成30年12月15日(土) 午後1時30分から3時30分

    ②平成31年1月19日(土)  午前9時から12時まで

    ③平成31年2月16日(土)  午前9時から12時まで

場所・内容

    ①相模原市立博物館 実習実験室  講義

    ②矢部から小山周辺  探訪

    ③八王子周辺      探訪

    *探訪は多少の坂や山があります。

講師 当館学芸員及び見学先関係者

定員  30名(申込み多数の場合は抽選)

対象 

市内在住・在勤・在学の15歳以上(中学生を除く)で、原則全3回出席できる方。

申込み 

往復ハガキ(1枚で2人まで)に「30歴史講座」・住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上、博物館まで申込み(11/28水曜必着)

申込先

〒252-0221 相模原市中央区高根3-1-15 相模原市立博物館

問い合わせ 相模原市立博物館 042-750-8030

2月
17
学習資料展関連事業  チャレンジ体験コーナー(昔あそび・道具体験)
2月 17 @ 10:00 AM – 4:00 PM

学習資料展関連事業  チャレンジ体験コーナー

○昔の遊び体験 ・ブンブンゴマ ・割り箸鉄砲 ・薬研、石臼挽き体験 ・折り紙 ・ヨーヨー体験 ・けんだま ・おはじき、レコード視聴などFUJITSU F-01F (3.69mm, f/2.2, 1/25 sec, ISO84)

○紙芝居実演・チャレンジ体験コーナー内で1日1回(12:30~13:00)紙芝居の実演を行う。FUJITSU F-01F (3.69mm, f/2.2, 1/25 sec, ISO101)
 

○ふるさといろはカルタ大会(随時)

かるた大会イメージ

○展示解説

日時:チャレンジ体験コーナー開催中

会場:市立博物館特別展示室

解説:市民学芸員(希望者に対応する形)

日 時(11月から2月の第1、3日曜日に開催)

①平成30年11月 4日(日) 

②平成30年11月18日(日) 

③平成30年12月 2日(日) 

④平成30年12月16日(日) 

⑤平成31年 1月 6日(日)

⑥平成31年 1月20日(日) 

⑦平成31年 2月 3日(日)

⑧平成31年 2月17日(日)

いずれも午前10時から午後4時までとする。

 指導:市民学芸員

 

観覧料  無 料

報道提供資料はこちら(チラシデータ付き)→ まなべる くらべる 学習資料展

2月
23
生きものミニサロン
2月 23 @ 12:00 PM – 12:30 PM

季節ごとの身近な生きものの観察や、生きものに関するミニレクチャーを楽しむ30分です。内容はその時々の季節の話題を中心に、直前に決まります。お申し込み不要、参加費無料です。

詳しくはこちらをご覧下さい。

OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2.8, 1/320 sec, ISO100)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

NIKON D850 (24mm, f/5, 1/250 sec, ISO200)

尾崎咢堂記念館近現代史講演会 尾崎行雄(咢堂)の盟友『憲政の神』犬養毅の人と生涯
2月 23 @ 2:00 PM – 4:00 PM

尾崎咢堂記念館では、尾崎行雄(咢堂)が活躍した明治から昭和前半頃に活躍した人物に関わる近現代史講演会を開催しています。今回は護憲運動をともに行った尾崎咢堂の盟友「犬養毅」に関する講演会を、専門家を招いて開催します。

講演会名 「尾崎咢堂の盟友 『憲政の神』犬養毅の人と生涯」

日時 平成31年2月23日(土) 午後2時から4時

場所 尾崎咢堂記念館 多目的室

講師 帝京大学教授 小山 俊樹 氏

定員 40名

問い合わせ 相模原市立博物館 042-750-8030

 

 

2月
24
いろいろな砂を顕微鏡で見てみよう
2月 24 @ 10:00 AM – 4:00 PM

いろいろな砂を顕微鏡で見てみよう

日本各地の川原や海岸の砂を顕微鏡で観察します。南極やサハラ砂漠の砂も見ることができます。実物入り砂カードを作成することもできます.

日時:2月24日(日)  午前10時00分から午後4時00分まで

場所:博物館2階 実習実験室

対象:どなたでも

参加費:無料

FUJIFILM FinePix F1000EXR (4.6mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO500)

南極の砂 赤い粒はザクロ石です。
阿嘉島
沖縄のサンゴ礁の砂 「星の砂」が含まれています。「星の砂」は有孔虫と呼ばれる小さな生き物の殻です。

 

平成30年度考古学講座
2月 24 @ 2:00 PM – 4:00 PM

縄文時代をテーマにした全4回の考古学講座です。この講座をきっかけに縄文の魅力を感じていただき、さらに学んでみたいとなればと思い、「縄文学(まなび)事始」としてみました。各回とも事前申し込みは不要で、全回はもちろん、お聞きになりたい回だけの参加でもOkです。

第1回 平成30年11月18日(日) 午後2時~4時

「石の縄文文化誌」

 講師:中川真人(当館考古担当学芸員)

第2回 平成30年12月23日(日) 午後2時~4時

「土器づくりのムラ」

 講師:山本孝司さん(東京都埋蔵文化財センター)

第3回 平成31年1月27日(日) 午後2時~4時

「縄文時代の墓と祖先観」

 講師:阿部友寿さん(かながわ考古学財団)

第4回 平成31年2月24日(日) 午後2時~4時

「縄文の美を楽しむ」

 講師:井出浩正さん(東京国立博物館)

 ※各回とも開場は1時30分から

3月
23
生きものミニサロン
3月 23 @ 12:00 PM – 12:30 PM

季節ごとの身近な生きものの観察や、生きものに関するミニレクチャーを楽しむ30分です。内容はその時々の季節の話題を中心に、直前に決まります。お申し込み不要、参加費無料です。

詳しくはこちらをご覧下さい。

OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2.8, 1/320 sec, ISO100)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

NIKON D850 (24mm, f/5, 1/250 sec, ISO200)

民具研究講座「民具から見えてくる地域像」平成30年度日本民具学会研究会
3月 23 @ 1:00 PM – 5:00 PM

講演とその後の質疑応答、討議で民具について考えます。

NIKON COOLPIX S3700 (4.5mm, f/3.7, 1/30 sec, ISO280)
       参考写真 講中道具

一つ目の講演は日本民具学会理事の神かほり氏による「南関東の共有膳椀~東京都・神奈川県の事例~」、二つ目は浦安市郷土博物館学芸員の尾上一明氏による「東京湾沿岸地区の漁撈用具調査から~千葉県浦安市・君津市の事例を中心に~」、三つ目は当館学芸員による「市民協働による展示替え~都市近郊博物館と民具~」。

民具や民俗学に興味がある人におすすめ。

※日本民具学会との共催事業として実施

日時 平成31年3月23日(土)

   13:00~16:40

場所 相模原市立博物館 大会議室

定員 先着100名

費用 無料