イベントカレンダー

イベント名をクリックするとイベントの詳細に移動します。

※タイトル、内容、日程等は都合により変更になる場合があります

3月
18
相模原の遺跡2017 博物館deトレジャーハンター お宝なぞ解き考古展
3月 18 – 5月 7 全日
古代のさがみはらを楽しみながら学ぼう!

考古学者さがぽんと大日野原(おびのっぱら)遺跡の土偶から生まれたおびのっちといっしょに、さがみはらの太古の遺跡から発掘された”お宝”の謎を解きあかす、参加型なぞ解き考古展。

わたしたちの足下の大地には、何千年、何万年といったはるか昔の先人たちの暮らしが眠っています。発掘調査によって眠りからさめた考古資料には、先人たちの暮らしの知恵や物の美しさ、神秘的な祈りの思いが形となり、わたしたちに問いかけるのです。考古資料の謎をクイズで答えながら進む歴史冒険にチャレンジ!

チラシ(PDF)

4月
1
相模原市立博物館「全天周映画」新規上映作品のお知らせ
4月 1 @ 2:40 PM – 7月 14 @ 3:50 PM

いきものがたり

A story of Biodiversity Think the Earth                                            いきものはみんな星からできている

4月1日から全天周映画の新規作品の上映を開始します。「いきものがたり」は、宇宙スケールで命と生き物を考える作品です。地球上に生きる、何千万という種の生き物。その中のたった一種である私たち人間が、他の何千万という種に多大な影響を与えているのです。生物の多様性とその大切さを訴えながら、全ての生き物は兄弟であるという大きなメッセージを伝えます。                                                                                               ※この作品は、約35分間の全天周映画です。解説員による星空の解説はありません。


 

 

 

 

 

©サラヤ、グリーンワイズ、スペースポート、                pHスタジオ、D&Dピクチャーズ

 

【上映期間】4月1日(土)から7月14日(金)まで

【上映スケジュール】                                                                                                         4月1日から4日まで(春休み特別上映期間):午後2時40分から

4月5日以降の平日:午後3時50分から

4月5日以降の土・日曜日・祝日:午後2時40分から

※ただし事業のため、上映時間帯の変更や休映などとする場合があります。

【休館日】 月曜日(休日に当たるときは開館)、休日の翌日(休日・土・日曜日に当たるときは開館)、その他、臨時で休館する場合があります。

【会 場】 相模原市立博物館

【定 員】 各210人(先着順)※希望者は直接会場へ

【観覧料】 500円(4歳~中学生は200円、65歳以上の方は250円(要証明書))                                                                                                         その他、障害者手帳の交付を受けている方とその介護者及びひとり親家庭の方は、証明するものを提示することにより、無料となります。     団体予約や減免料金でのご観覧をご希望の方はお問い合わせください。

4月
22
生きものミニサロン
4月 22 2017 @ 12:00 PM – 3月 24 2018 @ 12:30 PM
OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100)
落ち葉で工作

博物館のまわりで季節ごとの生きものを観察したり、室内でのミニレクチャーを行ったり、バラエティに富んだ内容を扱う生きもの好きのみなさん対象のミニサロンです!

毎月第4土曜日(平成29年度は8月のみ第3土曜日)
時間 12時~12時30分

申し込み不要、参加費無料

4月
25
相模原市立博物館プラネタリウム新番組のお知らせ
4月 25 – 6月 9 全日

プラネタリウムでGO!南半球の星空めぐり

南半球で星空を見た事はありますか?

この番組の投影期間は、南半球の星座で人気のある南十字星(みなみじゅうじ座)がよく見える時期です。

日本国内でも、沖縄など南に行けば南十字星の一部を見ることができます。今回は、石垣島とオーストラリアから見た星空を、解説員がご案内します。南半球の星座や天体を眺めて、相模原の星空との違いを感じてみませんか?

さあ、プラネタリウムで南半球の星空めぐりに出掛けましょう!

【投影期間】4月25日(火)から6月9日(金)まで

【投影スケジュール】平日の14:40からと、土曜・日曜・祝日の15:50からの約40分間

【投影期間中の休館日】 月曜日 ※その他、臨時で休館する場合があります。

【会 場】 相模原市立博物館

【定 員】 各210人(先着順)※希望者は直接会場へ

【観覧料】 おとな500円、こども(4歳~中学生)200円

・65歳以上の方は半額となります。

・障害者手帳の交付を受けている方とその介護者及びひとり親家庭の方は、無料となります。

※団体予約や観覧料が無料(4歳未満は除く)又は半額となる方は受付で証明するものを提示し、観覧券をお求めください。詳細についてはお問い合わせください。

 

5月
13
「昼間の星の観望会」(5月のさがみはら宇宙の日・国際博物館の日記念事業)
5月 13 全日

LGE Nexus 5 (3.97mm, f/2.4, 1/120 sec, ISO143)

5月18日は「国際博物館の日」です。全国各地の博物館で様々な催しが行われています。

相模原市立博物館では、「さがみはら宇宙の日」事業も兼ね、「国際博物館の日記念事業」として、下記の事業を実施します。

どうぞこの機会に博物館にご来館ください。

★★★「昼間の星の観望会」(5月のさがみはら宇宙の日)★★★

日時:5月13日(土)・5月14日(日)

いずれも午前10時から11時までと14時から15時まで(出入り自由)

※時間は多少前後する可能性があります。

内容:天体観測室にて昼間の星を観察します。午前は金星、午後はオリオン座などを観望する予定です。

荒天時は天体観測室見学となります。

参加方法:天文展示室前にお集まりください。

混雑時は多少お待ちいただくか、人数を制限する場合があります。

 

プラネタリウムこども無料デー(5月のさがみはら宇宙の日・国際博物館の日記念事業)
5月 13 全日
プラネタリウムこども無料デー(5月のさがみはら宇宙の日・国際博物館の日記念事業)

5月18日は「国際博物館の日」です。全国各地の博物館で様々な催しが行われています。

相模原市立博物館では、「さがみはら宇宙の日」事業も兼ね、「国際博物館の日記念事業」として、下記の事業を実施します。

どうぞこの機会に博物館にご来館ください。

5月13日(土)・14日は「プラネタリウムこども無料デー」

11:00~こどもプラネタリウム 「リーベルタース天文台だより 春の星座の物語」

12:10~プラネタリウム 「ナナとハチ~ちきゅうにおちてきたネコのものがたり~」 ←この作品を見られるのはこの二日間のみ!

13:30~プラネタリウム「春の星空模様」

14:40~全天周映画「いきものがたり」

15:50~プラネタリウム「プラネタリウムでGO!南半球で星空めぐり」

※いずれの回も、約40分間です。定員各回 210人(先着順)

※4歳~中学生までの方が無料でご覧になるためには、

 当日午前9時30分から当館で配布する整理券が必要です。

 また、未就学児は保護者の同伴が必要です。

※観覧料はおとな500円、こども(4歳~中学生)無料、

 65歳以上は証明書提示で250円。

博物館の魅力発見!常設展展示解説ツアー(国際博物館の日記念事業)
5月 13 全日
博物館の魅力発見!常設展展示解説ツアー(国際博物館の日記念事業)

5月18日は「国際博物館の日」です。全国各地の博物館で様々な催しが行われています。

相模原市立博物館では、「国際博物館の日記念事業」として、下記の事業を実施します。

どうぞこの機会に博物館にご来館ください。

★★★博物館の魅力発見!常設展展示解説ツアー★★★

日時:5月13日(土)・5月14日(日)

いずれも午前10時30分から11時までと14時から14時30分まで

内容:博物館の常設展示室をご案内します。

参加方法:各回先着20名様まで

(午前9時30分から博物館1階エントランスにて整理券配布します。

参加者にはオリジナル缶バッチをプレゼントします)

5月
14
「昼間の星の観望会」(5月のさがみはら宇宙の日・国際博物館の日記念事業)
5月 14 全日

LGE Nexus 5 (3.97mm, f/2.4, 1/120 sec, ISO143)

5月18日は「国際博物館の日」です。全国各地の博物館で様々な催しが行われています。

相模原市立博物館では、「さがみはら宇宙の日」事業も兼ね、「国際博物館の日記念事業」として、下記の事業を実施します。

どうぞこの機会に博物館にご来館ください。

★★★「昼間の星の観望会」(5月のさがみはら宇宙の日)★★★

日時:5月13日(土)・5月14日(日)

いずれも午前10時から11時までと14時から15時まで(出入り自由)

※時間は多少前後する可能性があります。

内容:天体観測室にて昼間の星を観察します。午前は金星、午後はオリオン座などを観望する予定です。

荒天時は天体観測室見学となります。

参加方法:天文展示室前にお集まりください。

混雑時は多少お待ちいただくか、人数を制限する場合があります。

 

プラネタリウムこども無料デー(5月のさがみはら宇宙の日・国際博物館の日記念事業)
5月 14 全日
プラネタリウムこども無料デー(5月のさがみはら宇宙の日・国際博物館の日記念事業)

5月18日は「国際博物館の日」です。全国各地の博物館で様々な催しが行われています。

相模原市立博物館では、「さがみはら宇宙の日」事業も兼ね、「国際博物館の日記念事業」として、下記の事業を実施します。

どうぞこの機会に博物館にご来館ください。

5月13日(土)・14日は「プラネタリウムこども無料デー」

11:00~こどもプラネタリウム 「リーベルタース天文台だより 春の星座の物語」

12:10~プラネタリウム 「ナナとハチ~ちきゅうにおちてきたネコのものがたり~」 ←この作品を見られるのはこの二日間のみ!

13:30~プラネタリウム「春の星空模様」

14:40~全天周映画「いきものがたり」

15:50~プラネタリウム「プラネタリウムでGO!南半球で星空めぐり」

※いずれの回も、約40分間です。定員各回 210人(先着順)

※4歳~中学生までの方が無料でご覧になるためには、

 当日午前9時30分から当館で配布する整理券が必要です。

 また、未就学児は保護者の同伴が必要です。

※観覧料はおとな500円、こども(4歳~中学生)無料、

 65歳以上は証明書提示で250円。

博物館の魅力発見!常設展展示解説ツアー(国際博物館の日記念事業)
5月 14 全日
博物館の魅力発見!常設展展示解説ツアー(国際博物館の日記念事業)

5月18日は「国際博物館の日」です。全国各地の博物館で様々な催しが行われています。

相模原市立博物館では、「国際博物館の日記念事業」として、下記の事業を実施します。

どうぞこの機会に博物館にご来館ください。

★★★博物館の魅力発見!常設展展示解説ツアー★★★

日時:5月13日(土)・5月14日(日)

いずれも午前10時30分から11時までと14時から14時30分まで

内容:博物館の常設展示室をご案内します。

参加方法:各回先着20名様まで

(午前9時30分から博物館1階エントランスにて整理券配布します。

参加者にはオリジナル缶バッチをプレゼントします)

5月
20
石仏講話(第1回)「さまざまな石仏~石仏へのお誘い~」
5月 20 @ 2:00 PM – 4:00 PM

地域の中には大変多くの石仏が見られます。そうした石仏の種類や背景とする信仰・歴史などを紹介します。場所・大会議室。定員120名。当日参加自由。ご希望の方は直接会場にお越し下さい。

5月
27
砂展 ~日本の砂・海外の砂~
5月 27 – 7月 2 全日

砂場や砂浜、砂は私たちの身近に存在します。しかし、一口に砂と言っても、黒っぽいもの、白っぽいもの、また、生き物の破片をたくさん含むものなど、場所によって大きな違いがあります。

今回の展示では相模川をはじめ、日本各地の砂や海外のいろいろな砂を展示します。

関連事業

○展示解説  

 5月28日(日)、6月11日(日)、6月25日(日) 

 いずれも14時~14時30分

 博物館 特別展示室

 希望者は直接、会場へ

○いろいろな砂を顕微鏡で見てみよう

 6月18日(日) 10時~16時

 博物館 実習実験室

 希望者は直接、会場へ

生きものミニサロン
5月 27 2017 @ 12:00 PM – 4月 28 2018 @ 12:30 PM
OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100)
落ち葉で工作

博物館のまわりで季節ごとの生きものを観察したり、室内でのミニレクチャーを行ったり、バラエティに富んだ内容を扱う生きもの好きのみなさん対象のミニサロンです!

毎月第4土曜日(平成29年度は8月のみ第3土曜日)
時間 12時~12時30分

申し込み不要、参加費無料

5月
28
軍都さがみはら探訪-矢部~淵野辺周辺を巡る-
5月 28 @ 9:00 AM – 12:00 PM

軍都さがみはら探訪-矢部~淵野辺周辺を巡る-

軍都相模原にちなむ旧陸軍関係の史跡などを探訪し、現在の都市化の礎えとなっている軍都計画などについて理解していただく。特に、今回は矢部駅から淵野辺駅周辺の相模陸軍造兵廠、陸軍兵器学校関係地を巡る。

日 時  平成29年5月28日(日)午前9時~正午

会 場  矢部~淵野辺周辺

案 内  当館学芸員

探訪予定地

集 合:矢部駅、解散:淵野辺駅

見学先:相模陸軍造兵廠碑及び補給廠外観、陸軍兵器学校火砲試験場(外観)、同校弾薬庫(建物現存・外観)、同校学校碑、正門跡・銀杏並木、細戈神社など

対 象  どなたでも

定 員  30名(申込多数の場合、抽選)

費 用  無料

申込み  

往復ハガキ(1枚に2名まで)に住所、氏名(ふりがな)、年齢、性別、電話番号、「軍都さがみはら探訪」と明記の上、博物館まで(5月10日(水)必着)

問合せ  博物館学芸班(電話 042-750-8030)

Apple iPhone 6 (4.15mm, f/2.2, 1/20 sec, ISO250)
かつての陸軍兵器学校正門(残念ながら現存せず)

 

6月
17
6月の「さがみはら宇宙の日」、「はやぶさ2」トークライブVol.9
6月 17 @ 2:00 PM – 4:00 PM

相模原市立博物館では、小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星Ryugu(リュウグウ)に到達するまでの間、市民のみなさまの関心や応援の気運を高めていただくことを目的に、偶数月に「はやぶさ2」トークライブを開催しています。

第9回目となる今回は講師として「はやぶさ2」化学推進系とりまとめの森治さん(JAXA宇宙科学研究所 助教)をおまねきし、「はやぶさ2」の化学推進系とこれからの推進系についてお話しいただきます。

前半「みんなの想いを載せて・・クレータにピンポイント着陸し、無事帰還せよ!」

はやぶさ初号機やあかつきで得た経験を生かし、はやぶさ2ではどのように信頼性の高い化学推進系を作り上げたか?退避運用やピンポイント着陸等のミッションを達成できるか?ターゲットマーカに込められたみんなの想いを届け、無事帰還できるか?

後半「推進系が切り拓く、次世代の探査ミッション」

進化を遂げた推進系を紹介し、それを活用した次世代の探査ミッション、ソーラー電力セイル(写真右下)による外惑星領域探査計画について明らかにします。

また、ミッションマネージャの吉川真准教授らとのパネルディスカッションも実施する予定です。どうぞお楽しみに!

日  時 平成29年6月17日(土)

開場13:30 講演14:00~16:00

会  場 相模原市立博物館 大会議室

定  員 180人(事前申込み:先着順)

※定員になり次第締切ります

参加費 無 料

申込方法 市コールセンター(042-770-7777)へ

受付期間 6月1日(木)から6月16日(金)まで

(午前8時から午後9時まで)