イベントカレンダー

イベント名をクリックするとイベントの詳細に移動します。

※タイトル、内容、日程等は都合により変更になる場合があります

9月
24
相模原市立博物館考古学講座 戦国時代の山城 津久井城
9月 24 2017 @ 2:00 PM – 2月 25 2018 @ 4:00 PM

    戦国の世に、小田原北条氏に従い、内藤氏が五代にわたって居城としたとされる山城。甲斐国との境目の城として位置づけられるこの城は、果た してどれ程の山城であったのか。今なお、調査研究が進められている津久井城を様々な視点からみなおしてみる。

●第1回 「小田原城研究から津久井城をみる」

日時:平成29年9月24日(日) 

午後2時~4時(開場 1時30分~)

会場:相模原市立博物館 大会議室(定員200名 先着順)

講師:当館学芸員

●第2回 「発掘調査から津久井城をみる」

日時:平成29年10月29日(日)

午後2時~4時(開場 1時30分~)

会場:相模原市立博物館 大会議室(定員200名 先着順)

講師:野口浩史 氏(県立津久井湖城山公園副園長)

●第3回 津久井城跡発掘調査現地説明会

日時:平成29年11月26日(日)

午前10時~午後2時 ※小雨決行・雨天中止

会場:県立津久井湖城山公園 里山広場

※この日だけ、会場と時間が異なりますので、お間違えのないようお願いします。

●第4回 「三増合戦から津久井城をみる」

日時:平成29年12月24日(日)

午後2時~4時(開場 1時30分~)

会場:相模原市立博物館 大会議室(定員200名 先着順)

講師:山口研一 氏(愛川町郷土資料館館長)

●第5回 「中世庭園から津久井城をみる」

日時:平成30年1月14日(日)

午後2時~4時(開場 1時30分~)

会場:相模原市立博物館 大会議室(定員200名 先着順)

講師:当館学芸員

●第6回 「北条領国の城郭から津久井城をみる」

日時:平成30年2月25日(日)

午後2時~4時(開場 1時30分~)

会場:相模原市立博物館 大会議室(定員200名 先着順)

講師:佐々木健策 氏(小田原城天守閣学芸員)

共催 公益財団法人神奈川県公園協会 県立津久井湖城山公園

 

12月
23
生きものミニサロン
12月 23 2017 @ 12:00 PM – 5月 19 2018 @ 12:30 PM
OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100)
落ち葉で工作

博物館のまわりで季節ごとの生きものを観察したり、室内でのミニレクチャーを行ったり、バラエティに富んだ内容を扱う生きもの好きのみなさん対象のミニサロンです!

毎月第4土曜日(平成29年度は8月のみ第3土曜日)
時間 12時~12時30分

申し込み不要、参加費無料

1月
16
相模原市立博物館“小惑星リュウグウ”想像コンテスト
1月 16 – 4月 30 全日

小惑星探査機「はやぶさ2」は、目的地の小惑星リュウグウ に平成30年6月~7月に到着する予定で、その運用が続いています。

相模原市立博物館では、探査機がリュウグウに到着する前に、リュウグウの姿(形、大きさ、表面の様子など)を自由に想像しながら作品を創作していただく、コンテストを開催いたします。

応募作品の中からJAXAはやぶさ2プロジェクトへノミネートする作品を各部門ごとに1点ずつ選出します。

作品を通して、「はやぶさ2」ミッションを応援しましょう!

※本事業はJAXAはやぶさ2プロジェクトに認定された事業です。

 

~募集要項~

 

募集期間 

平成30年1月16日(火)から4月30日(月・祝)まで(必着)

応募方法

応募用紙」(クリックで表示)を添付し、

相模原市立博物館に郵送または館内天文研究室へ直接持参。

※相模原市立博物館の住所については応募用紙参照

様  式

A3サイズ以下(イラスト・写真・CG画像等の書式は問わない)。

そ の 他

・応募作品の返却はできませんので、ご了承ください。

・「はやぶさ2」と小惑星リュウグウの最新情報は、はやぶさ2プロジェクトのホームページをご確認ください。

1月
27
生きものミニサロン
1月 27 @ 12:00 PM – 6月 23 @ 12:30 PM
OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100)
落ち葉で工作

博物館のまわりで季節ごとの生きものを観察したり、室内でのミニレクチャーを行ったり、バラエティに富んだ内容を扱う生きもの好きのみなさん対象のミニサロンです!

毎月第4土曜日(平成29年度は8月のみ第3土曜日)
時間 12時~12時30分

申し込み不要、参加費無料

2月
15
平成30年度 吉野宿ふじや非常勤職員(管理人)の募集について
2月 15 @ 8:30 AM – 2月 28 @ 5:15 PM

平成30年2月28日(水)必着で、「履歴書」を博物館 企画情報班あてに、郵送またはご持参ください。

後日面接(博物館で3月上旬から中旬予定)を実施します。

募集人数:2名程度

職務内容:「吉野宿ふじや」の管理人業務(開錠・施錠、来館者応対、施設清掃等)

勤務場所:相模原市緑区吉野214

任用開始:平成30年4月1日から

勤務日:土・日・祝日等(月4日程度)

勤務時間:午前9時45分から午後4時15分まで(休憩1時間)

賃金:日額5,500円(時給1,000円)

2月
17
「藤野のおひな様」展
2月 17 – 3月 25 全日

~毎年恒例、古民家で味わうひなまつり~

藤野のおひな様展 イメージ



藤野地域に伝わる大正以前のおひな様を、その由来や歴史についての解説文とともに展示します。常設展示もあわせてお楽しみください。

 今回の目玉の一つは享保雛!

 お内裏様のみですがさすがの風格です。

 おひなさまが何かを語り掛けてくれる・・・?

 また、関連事業として「紙のおひな様つくり体験」も期間中4回開催予定です。
 

 期間中の休館日は月曜日です。 

吉野宿ふじや外観
Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/17 sec, ISO80)
ふじや常設展示イメージ



※吉野宿ふじやは平成29年4月以降、原則として「土日祝日のみ開館」としていますが、当該イベント実施中は火曜~金曜も観覧可能です。

2月
24
生きものミニサロン
2月 24 @ 12:00 PM – 7月 21 @ 12:30 PM
OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100)
落ち葉で工作

博物館のまわりで季節ごとの生きものを観察したり、室内でのミニレクチャーを行ったり、バラエティに富んだ内容を扱う生きもの好きのみなさん対象のミニサロンです!

毎月第4土曜日(平成29年度は8月のみ第3土曜日)
時間 12時~12時30分

申し込み不要、参加費無料

「紙のおひな様作り体験」(「藤野のおひな様」展関連事業)
2月 24 @ 1:30 PM – 3:00 PM

~毎年恒例、古民家で味わうひなまつり~

藤野のおひな様展 イメージ



藤野地域に伝わる大正以前のおひな様を、その由来や歴史についての解説文とともに展示します。常設展示もあわせてお楽しみください。

関連事業として「紙のおひな様作り体験」を開催します。

日時:平成30年2月24日(土)、3月3日(土)・17日(土)・24日(土) 13:30~15:00

会場:吉野宿ふじや

参加費:無料

講師:折り紙サークルのみなさん

事前申し込み不要ですのでどうぞお気軽にお立ち寄りください。

紙のおひな様(イメージ)
紙のおひな様(イメージ)
吉野宿ふじや外観

 

Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/17 sec, ISO80)
ふじや常設展示イメージ


※吉野宿ふじやは平成29年4月以降、原則として「土日祝日のみ開館」としていますが、「藤野のおひな様」展開催中は火曜~金曜も観覧可能です。

2月
26
休館日
2月 26 全日
3月
3
「紙のおひな様作り体験」(「藤野のおひな様」展関連事業)
3月 3 @ 1:30 PM – 3:00 PM

~毎年恒例、古民家で味わうひなまつり~

藤野のおひな様展 イメージ



藤野地域に伝わる大正以前のおひな様を、その由来や歴史についての解説文とともに展示します。常設展示もあわせてお楽しみください。

関連事業として「紙のおひな様作り体験」を開催します。

日時:平成30年2月24日(土)、3月3日(土)・17日(土)・24日(土) 13:30~15:00

会場:吉野宿ふじや

参加費:無料

講師:折り紙サークルのみなさん

事前申し込み不要ですのでどうぞお気軽にお立ち寄りください。

紙のおひな様(イメージ)
紙のおひな様(イメージ)
吉野宿ふじや外観

 

Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/17 sec, ISO80)
ふじや常設展示イメージ


※吉野宿ふじやは平成29年4月以降、原則として「土日祝日のみ開館」としていますが、「藤野のおひな様」展開催中は火曜~金曜も観覧可能です。

地質学講座「学びなおし地質学 小学校編」
3月 3 @ 2:00 PM – 4:00 PM

大人向けの講座です。

地層のでき方など、小学校で学習する地質分野の内容について、実験などを通して解説します。

Apple iPhone 7 (3.99mm, f/1.8, 1/33 sec, ISO40)

内容(予定)

1/20流れる水のはたらき(侵食・運搬・堆積作用)
2/3流れる水のはたらきでできる地層と化石
2/17火山の噴火でできる地層
3/3地震の基本とまとめ

対象:15歳以上。原則として全回参加できる方に限る。
申し込み方法:往復はがきに、①参加者全員(1枚につき5名まで)の氏名・年齢(代表者に○)、②代表者の住所・電話番号、③返信用の宛名に住所・氏名を記入し、「地質学講座」係宛に郵送。定員になり次第、締め切らさせていただきます。

3月
5
休館日
3月 5 全日
3月
10
尾崎咢堂記念館 近現代史講演会②「天野貞祐の業績」~津久井鳥屋に生まれた哲学者・教育者~
3月 10 @ 2:00 PM – 4:00 PM

津久井鳥屋(現在の緑区鳥屋)出身の哲学者・教育者で、政治家尾崎行雄(咢堂)とも姻戚関係があり、戦後には文部大臣、獨協大学の創立者として活躍した天野貞祐についての講演会を行います。

日時 平成30年3月10日(土) 午後2時から4時まで

会場 尾崎咢堂記念館 多目的室

             (相模原市緑区又野691 042-784-0660) 別添チラシの地図参照

講師 武蔵野大学 教授 貝塚茂樹 氏

定員 40名(申し込み不要、当日先着順)

主催 相模原市立博物館

企画・運営 尾崎行雄を全国に発信する会

問合せ 相模原市立博物館(042-750-8030)

天野貞祐(国立国会図書館 『近代日本人の肖像』より)

3.10天野貞祐講演チラシ

3月のさがみはら宇宙の日「「まちだ・さがみはら絆・創・光×JAXA」相模原会場」
3月 10 @ 5:00 PM – 8:00 PM

OLYMPUS IMAGING CORP. SP500UZ (6.3mm, f/4, 13 sec, ISO80)

 宇宙と地球温暖化についての講演を聞いたり、地球から見た宇宙や星をプラネタリウムで見たり、実際に観察したりすることにより、地球温暖化や大気環境(光害)について知り、理解を深めることによって、一人ひとりが地球温暖化防止に取り組むきっかけとします。

 

 

内 容

  • 講演『宇宙探査から地球環境を考える』~「はやぶさ」地球帰還から、その後~
    講師:国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所宇宙機応用工学研究系
    准教授 曽根 理嗣さん
  • プラネタリウム投影 「星空とともに」
    東日本大震災の被災者から寄せられた星と震災にまつわるエピソードをもとに、仙台市天文台が作成した、プラネタリウム特別番組を投影します。
  • 学習会 「今の季節に見える天体と光害について」
    講師:プラネタリウム解説員 橋本京子さん
  • 星空観望会 「アルギエバ(しし座にある二重星)とプレセペ星団(かに座にある散開星団)」
    ※星を見ることができる天候の場合のみ

日 時 平成30年3月10日(土曜日)午後5時~午後8時(午後4時30分開場

対象者 相模原市・町田市在住、在勤、在学の人(中学生以下は保護者同伴)

費 用 無料

定 員 80名(申込順)※ただし、JAXA講演会と「星空とともに」については、当日、現地で参加受付が可能です(定員100名先着順)

申込方法 2月1日(木曜日)から3月9日(金曜日)までに、電話で市コールセンター(電話042-770-7777)へ

 

関連ページ

町田市・相模原市ライトダウン~まちだ・さがみはら 絆(ばん)・創(そう)・光(こう)~

3月
11
学芸員講話 さがみはらの博物誌~学芸員リレートーク&スタンプラリー~
3月 11 @ 2:00 PM – 4:00 PM

「さがみはらの博物誌」として、相模原市立博物館学芸員講話全5回を開催します。

各回ごとに独立したテーマなので、興味がある回のみに参加することもできますが、全5回中4回以上参加することによって特典が付くスタンプラリーになっていますので、この機会に様々なジャンルの講演会に参加してみてはいかがでしょうか。

毎回午後2時から4時までで、会場は地下1階大会議室です。

事前申し込み不要、先着200名様までですので、直接、博物館にご来館ください。

11月18日(土)「火山が作った相模原台地」河尻清和(地質担当学芸員)【終了】

12月10日(日)「相模原が”柴胡が原”と呼ばれていたころ」秋山幸也(生物担当学芸員)【終了】

平成30年1月14日(日)「中世庭園から津久井城をみる」中川真人(考古学担当学芸員)【終了】

平成30年2月11日(日)「謎のさがみはら中世武士列伝」木村弘樹(歴史担当学芸員)【終了】

平成30年3月11日(日)「津久井の祭り」加藤隆志(民俗担当学芸員)

※イベントチラシ自体がスタンプラリー台紙になっています。各回参加ごとにチラシにスタンプを押します。このスタンプも回ごとに絵柄が異なっていますのでお楽しみに。