イベントカレンダー

イベント名をクリックするとイベントの詳細に移動します。

※タイトル、内容、日程等は都合により変更になる場合があります

4月
1
相模原市立博物館「全天周映画」新規上映作品のお知らせ
4月 1 @ 2:40 PM – 7月 14 @ 3:50 PM

いきものがたり

A story of Biodiversity Think the Earth                                            いきものはみんな星からできている

4月1日から全天周映画の新規作品の上映を開始します。「いきものがたり」は、宇宙スケールで命と生き物を考える作品です。地球上に生きる、何千万という種の生き物。その中のたった一種である私たち人間が、他の何千万という種に多大な影響を与えているのです。生物の多様性とその大切さを訴えながら、全ての生き物は兄弟であるという大きなメッセージを伝えます。                                                                                               ※この作品は、約35分間の全天周映画です。解説員による星空の解説はありません。


 

 

 

 

 

©サラヤ、グリーンワイズ、スペースポート、                pHスタジオ、D&Dピクチャーズ

 

【上映期間】4月1日(土)から7月14日(金)まで

【上映スケジュール】                                                                                                         4月1日から4日まで(春休み特別上映期間):午後2時40分から

4月5日以降の平日:午後3時50分から

4月5日以降の土・日曜日・祝日:午後2時40分から

※ただし事業のため、上映時間帯の変更や休映などとする場合があります。

【休館日】 月曜日(休日に当たるときは開館)、休日の翌日(休日・土・日曜日に当たるときは開館)、その他、臨時で休館する場合があります。

【会 場】 相模原市立博物館

【定 員】 各210人(先着順)※希望者は直接会場へ

【観覧料】 500円(4歳~中学生は200円、65歳以上の方は250円(要証明書))                                                                                                         その他、障害者手帳の交付を受けている方とその介護者及びひとり親家庭の方は、証明するものを提示することにより、無料となります。     団体予約や減免料金でのご観覧をご希望の方はお問い合わせください。

4月
22
生きものミニサロン
4月 22 2017 @ 12:00 PM – 3月 24 2018 @ 12:30 PM
OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100)
落ち葉で工作

博物館のまわりで季節ごとの生きものを観察したり、室内でのミニレクチャーを行ったり、バラエティに富んだ内容を扱う生きもの好きのみなさん対象のミニサロンです!

毎月第4土曜日(平成29年度は8月のみ第3土曜日)
時間 12時~12時30分

申し込み不要、参加費無料

4月
25
相模原市立博物館プラネタリウム新番組のお知らせ
4月 25 – 6月 9 全日

プラネタリウムでGO!南半球の星空めぐり

南半球で星空を見た事はありますか?

この番組の投影期間は、南半球の星座で人気のある南十字星(みなみじゅうじ座)がよく見える時期です。

日本国内でも、沖縄など南に行けば南十字星の一部を見ることができます。今回は、石垣島とオーストラリアから見た星空を、解説員がご案内します。南半球の星座や天体を眺めて、相模原の星空との違いを感じてみませんか?

さあ、プラネタリウムで南半球の星空めぐりに出掛けましょう!

【投影期間】4月25日(火)から6月9日(金)まで

【投影スケジュール】平日の14:40からと、土曜・日曜・祝日の15:50からの約40分間

【投影期間中の休館日】 月曜日 ※その他、臨時で休館する場合があります。

【会 場】 相模原市立博物館

【定 員】 各210人(先着順)※希望者は直接会場へ

【観覧料】 おとな500円、こども(4歳~中学生)200円

・65歳以上の方は半額となります。

・障害者手帳の交付を受けている方とその介護者及びひとり親家庭の方は、無料となります。

※団体予約や観覧料が無料(4歳未満は除く)又は半額となる方は受付で証明するものを提示し、観覧券をお求めください。詳細についてはお問い合わせください。

 

5月
1
鈴木重光 絵はがきコレクション巡回展③-南合同庁舎-
5月 1 – 5月 31 全日

鈴木重光 絵はがきコレクション巡回展③-南合同庁舎-

津久井郷土資料室に所蔵されていた資料で、旧内郷村(現 緑区若柳・寸沢嵐)の郷土史家鈴木重光氏が収集した12,000枚もの絵はがきのうち、津久井地域のものを主に紹介する巡回展を南合同庁舎にて行います。南区内を通る横浜水道の水源地にかかわる絵はがきもあります。

会期・会場

平成29年4月28日(土)~5月31日(水) 南合同庁舎 1階 ロビー

展示内容   

12,000枚の絵はがきのうち、津久井地域のものを約50点などを展示

・津久井地域を紹介した絵はがきをテーマ別に展示

 津久井地域の山、川、寺社、鉄道、横浜水道などのテーマごとに絵はがきをA1額に入れ展示

 

  • 今と昔の写真を比較して展示

 

  絵はがきをA3程度のパネルに拡大し、現在の同じ場所写真と比較して展示。

絵はがき巡回展チラシ 南合庁

5月
27
砂展 ~日本の砂・海外の砂~
5月 27 – 7月 2 全日

砂浜や砂場をはじめ、砂は私たちの身近に存在します。しかし、一口に砂と言っても、黒っぽいもの、白っぽいもの、また、生き物の破片をたくさん含むものなど、場所によって大きな違いがあります。「所変われば砂変わる」です。この違いは、周辺の地質や地形、砂粒を運搬する河川・海流・風などの作用、生き物の生息状況、砂の堆積した環境などが複雑に絡みあった結果です。

今回の展示では相模川をはじめ、日本各地や海外のいろいろな砂を展示します。

チラシのダウンロードはこちら

展示内容
(1)相模川の砂

相模川とその支流の砂を紹介します。

(2)日本各地の砂・海外の砂

北海道から沖縄まで日本各地の砂と、サハラ砂漠や南極の砂など、海外の砂を紹介します。

(3)神奈川の砂

神奈川県内各地の砂を紹介します。

(4)砂の中の小さな生き物

砂の中には生き物の破片や微生物の殻を含むものがあります。砂の中に含まれる微生物を紹介します。

(5)砂岩〜ふたたび石になった砂たち〜

砂も長い年月をかけると押し固められて硬い岩石になります。砂が固まってできた砂岩を紹介します。

関連事業
○展示解説  

 5月28日(日)、6月11日(日)、6月25日(日) 

 いずれも14時~14時30分

 博物館 特別展示室

 希望者は直接、会場へ

○いろいろな砂を顕微鏡で見てみよう

 6月18日(日) 10時~16時

 博物館 実習実験室

 希望者は直接、会場へ

チラシ表面の砂の写真 
秋田県田沢湖
チュニジア マトマタ
神奈川県玄倉川
沖縄県久米島
南極
東京都三宅島
北海道利尻島
青森県宇曽利山湖(火山ガスで変色)
新潟県佐渡島
セネガル サハラ砂漠
マレーシア ペナン島
アメリカ シエスタ・キー
生きものミニサロン
5月 27 2017 @ 12:00 PM – 4月 28 2018 @ 12:30 PM
OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100)
落ち葉で工作

博物館のまわりで季節ごとの生きものを観察したり、室内でのミニレクチャーを行ったり、バラエティに富んだ内容を扱う生きもの好きのみなさん対象のミニサロンです!

毎月第4土曜日(平成29年度は8月のみ第3土曜日)
時間 12時~12時30分

申し込み不要、参加費無料

5月
28
軍都さがみはら探訪-矢部~淵野辺周辺を巡る-
5月 28 @ 9:00 AM – 12:00 PM

軍都さがみはら探訪-矢部~淵野辺周辺を巡る-

軍都相模原にちなむ旧陸軍関係の史跡などを探訪し、現在の都市化の礎えとなっている軍都計画などについて理解していただく。特に、今回は矢部駅から淵野辺駅周辺の相模陸軍造兵廠、陸軍兵器学校関係地を巡る。

日 時  平成29年5月28日(日)午前9時~正午

会 場  矢部~淵野辺周辺

案 内  当館学芸員

探訪予定地

集 合:9時 矢部駅、解散:淵野辺周辺

見学先:相模陸軍造兵廠碑及び補給廠外観、陸軍兵器学校火砲試験場(外観)、同校弾薬庫(建物現存・外観)、同校学校碑、正門跡・銀杏並木、細戈神社など

対 象  どなたでも

定 員  30名(申込多数の場合、抽選)

費 用  無料

申込み  

往復ハガキ(1枚に2名まで)に住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、「軍都さがみはら探訪」と明記の上、博物館まで(5月10日(水)必着)

問合せ  博物館学芸班(電話 042-750-8030)

Apple iPhone 6 (4.15mm, f/2.2, 1/20 sec, ISO250)
かつての陸軍兵器学校正門(残念ながら現存せず)

軍都さがみはら探訪チラシ 矢部~淵野辺

砂展展示解説
5月 28 @ 2:00 PM – 2:30 PM

砂展展示解説

日時  5月28日(日) 午後2時~2時30分

申込  不要(直接会場へ)

内容  学芸員による展示解説。

5月
29
休館日
5月 29 全日
6月
3
【こどもプラネタリウム】リーベルタース天文台だより~夏の星座の物語~
6月 3 – 9月 3 全日

プラネタリウムで、おりひめ星やひこ星を探してみよう!

リーベルタースの森の真ん中には天文台があります。天文台には、いつも子どもたちに星のお話をしてくれる優しい番人、マヌルネコさんが住んでいます。今回、マヌルネコさんは、「たなばた」や「天の川」のお話をしてくれます。ご家族みなさんで、おりひめ星や、ひこ星探しを楽しんでみませんか?

前半は今夜の星空についてお話します。

 

【投影期間】6月3日(土)から9月3日(日)まで

【投影スケジュール】6月3日(土)・4日(日)・24日(土)・25日(日)・7月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)、7月15日(土)~ 9月3日(日)の、すべての開館日※8月25日(金)26日(土)を除く。

各日、午前11時00分から(約40分間)

【投影期間中の休館日】毎週月曜日(8月14日を除く)、6月27日(火)・6月28日(水)※その他、臨時で休館する場合があります。

【会 場】 相模原市立博物館

【定 員】 各210人(先着順)※希望者は直接会場へ

【観覧料】 おとな500円、こども(4歳~中学生)200円

・65歳以上の方は半額(250円)となります。

・障害者手帳の交付を受けている方とその介護者及びひとり親家庭の方は、無料となります。

※団体予約や観覧料が無料(4歳未満は除く)又は半額となる方は受付で証明するものを提 示し、観覧券をお求めください。詳細についてはお問い合わせください。

 

 

【プラネタリウム】夏の星空模様
6月 3 – 7月 9 全日

星空を楽しむ季節がやってくる!「星空模様」も夏・夏・夏!

全編生解説のプラネタリウム「星空模様」の夏バージョンがスタートします。星空模様では、その日の夜に見える星空だけでなく、夜中の 星ぼしもご紹介しています。解説員によって思い入れポイントの違う夏の星座解説はもちろん、夏の大三角やたなばたの星についてもお話します。また、ミニテーマは見ごろを迎える「土星」についてです。

今夜、空を見上げたくなる…そんなプラネタリウムです。

【投影期間】6月3日(土)から7月9日(日)まで

【投影スケジュール】6月3日(土)・4日(日)・24日(土)・25日(日)・7月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)の計8回

各日、午後1時30分から(約40分間)

【投影期間中の休館日】 毎週月曜日、6月27日(火)・6月28日(水)

※その他、臨時で休館する場合があります。

【会 場】 相模原市立博物館

【定 員】 各210人(先着順)※希望者は直接会場へ

【観覧料】 おとな500円、こども(4歳~中学生)200円

・65歳以上の方は半額(250円)となります。

・障害者手帳の交付を受けている方とその介護者及びひとり親家庭の方は、無料となります。

※団体予約や観覧料が無料(4歳未満は除く)又は半額となる方は受付で証明するものを提示し、観覧券をお求めください。詳細についてはお問い合わせください。

6月
5
休館日
6月 5 全日
6月
10
プラネタリウム「はやぶさウィーク」特別上映
6月 10 全日

小惑星探査機「はやぶさ」の数々の偉業を称え、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の施設がある5市2町(能代市、大船渡市、角田市、佐久市、相模原市、大樹町、肝付町)で構成する「銀河連邦」により、6月13日が「はやぶさの日」に制定(平成24年)されました。


相模原市立博物館では6月10日(土)~18日(日)の期間を、プラネタリウム「はやぶさウィーク」として、「はやぶさ」に関連した2作品を期間限定で上映します。

(C)HAYABUSA2製作委員会


また、13日(火)は、「はやぶさの日」を記念して無料上映となります。


どうぞこの機会をお見逃しなく、ご観覧ください。


会 場 相模原市立博物館 プラネタリウム
定 員 各回210 人
観覧料 各回500 円
(4歳~中学生は200 円、65 歳以上の方は250 円)
団体料金や割引でのご観覧をご希望の場合は、お問い合わせください。

(クリックで拡大します)

※13日(火)は観覧無料です。(要観覧整理券) 整理券は当日9時30分より館内で配布します。(1人1作品につき4枚まで ※最大で8枚。なくなりしだい終了です。)


*DC版はディレクターズカット版の略で、はやぶさ帰還後、当館でカプセルを公開した映像などが追加されているバージョンです。

6月
11
プラネタリウム「はやぶさウィーク」特別上映
6月 11 全日

小惑星探査機「はやぶさ」の数々の偉業を称え、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の施設がある5市2町(能代市、大船渡市、角田市、佐久市、相模原市、大樹町、肝付町)で構成する「銀河連邦」により、6月13日が「はやぶさの日」に制定(平成24年)されました。


相模原市立博物館では6月10日(土)~18日(日)の期間を、プラネタリウム「はやぶさウィーク」として、「はやぶさ」に関連した2作品を期間限定で上映します。

(C)HAYABUSA2製作委員会


また、13日(火)は、「はやぶさの日」を記念して無料上映となります。


どうぞこの機会をお見逃しなく、ご観覧ください。


会 場 相模原市立博物館 プラネタリウム
定 員 各回210 人
観覧料 各回500 円
(4歳~中学生は200 円、65 歳以上の方は250 円)
団体料金や割引でのご観覧をご希望の場合は、お問い合わせください。

(クリックで拡大します)

※13日(火)は観覧無料です。(要観覧整理券) 整理券は当日9時30分より館内で配布します。(1人1作品につき4枚まで ※最大で8枚。なくなりしだい終了です。)


*DC版はディレクターズカット版の略で、はやぶさ帰還後、当館でカプセルを公開した映像などが追加されているバージョンです。

はやぶさ&はやぶさ2座談会
6月 11 @ 1:00 PM – 3:00 PM
第1部
「はやぶさ」を題材に制作された3つの映画(20世紀FOX、東映、松竹)の各プロデューサーと、その帰還を見守った研究者が語り合います。
講師 川口淳一郎さん(元「はやぶさ」プロジェクトマネージャ)ほか
第2部
航行中の「はやぶさ2」の研究者たちが熱い思いを語ります。
講師 津田雄一さん(「はやぶさ2」プロジェクトマネージャ)ほか
  • 時間 6月11日(日曜日)午後1時~3時
  • 会場 市立博物館
  • 定員 200人(申込順)
  • 申し込み 5月23日~6月8日に、電話で市コールセンター(042-770-7777)へ
    ※来場者には記念缶バッジをプレゼント

詳しいお問い合わせは シティセールス・親善交流課 へ

住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館3階
電話:042-707-7045 ファクス:042-815-2340