イベントカレンダー

イベント名をクリックするとイベントの詳細に移動します。

※タイトル、内容、日程等は都合により変更になる場合があります

10月
2
「県のたより」連携企画「プラネタリウム招待券」プレゼント
10月 2 – 11月 30 全日

「県のたより」10月号の特集ページの紙面をご提示の上(画面提示は不可)、10/2から11/30までの当館のプラネタリウム観覧済みの券(個人の有料観覧券に限ります)を4枚ご提示ください。

博物館プラネタリウムの招待券を進呈します。※お一人様一回限り

招待券の有効期限は12/28です。

この機会にどうぞ博物館プラネタリウムをご利用ください。

この部分の紙面をご提示ください!(画面提示では不可)
県のたより一部抜粋

新指定文化財の特別公開
10月 2 – 12月 28 全日
~博物館考古資料が新たに文化財に指定されたことを記念し、期間限定で展示します~
 
相模原市立博物館の所蔵している土器が、新たに文化財として指定されることになったことを記念して、期間限定で特別公開を行っています。
 
展示している土器は、田名塩田遺跡群出土の真脇式土器、中野大沢出土の弥生土器、苦久保遺跡第三地点出土の朱書土器。
田名塩田遺跡群出土の真脇式土器
 
ぜひこの機会をお見逃しなく。
 
なお、期間中の休館日は10/8のを除く月曜日と10/9です。
 
※文化財の指定に関する問い合わせは相模原市役所文化財保護課へ
 
10月
6
「かながわ明治150年スタンプラリー」
10月 6 – 12月 16 全日

10月6日から「かながわ明治150年スタンプラリー」が始まりました。

スタンプ台及び台紙が設置された、当館を含めた県内6か所の博物館等のうち、2か所以上訪問してスタンプを集めると、かながわ明治150年記念品がもらえるというイベントです。

ぜひご参加ください。

それぞれの施設の開館日や開館時間、アクセス方法など詳しくはこちらをご覧ください。

(県「明治150年」ロゴマーク)
10月
20
吉野宿ふじや企画展「甲州道中(相模湖・藤野・上野原)の見どころ」展
10月 20 – 12月 2 全日

甲州道中の宿場である小原・与瀬・吉野・関野宿のほか、県境を超えた上野原も含めた街道沿いの見どころを写真や資料で紹介します。

【開催日時】 平成30年10月20日(土)~12月2日(日)

10時~16時(会期中の月曜日は休館日)

【場所】吉野宿ふじや(緑区吉野214)

地図やアクセス方法はこちら(別サイトが開きます)

【関連事業】「ギャラリートーク」

日 時:11月24日(土)13:00~14:30

講 師:上野原市文化財保護委員長の長谷川 孟さん

【関連事業】「甲州道中を歩くー藤野駅から小原宿まで」

日 時:11月10日(土)9:00~15:00

参加方法:NPOふじの里山くらぶ(042-686-6750)へ直接お問合せください。

企画・問合せ:NPO法人ふじの里山くらぶ(042-686-6750)

主催 相模原市立博物館

※吉野宿ふじやは平成29年4月以降、原則として「土日祝日のみ開館」としていますが、当該イベント実施中は火曜~金曜も観覧可能です。

10月
22
休館日
10月 22 全日
10月
27
生きものミニサロン
10月 27 @ 12:00 PM – 12:30 PM

季節ごとの身近な生きものの観察や、生きものに関するミニレクチャーを楽しむ30分です。内容はその時々の季節の話題を中心に、直前に決まります。お申し込み不要、参加費無料です。

詳しくはこちらをご覧下さい。

OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2.8, 1/320 sec, ISO100)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

NIKON D850 (24mm, f/5, 1/250 sec, ISO200)

10月
28
火山灰を顕微鏡で見てみよう
10月 28 @ 10:00 AM – 4:00 PM

日本各地の火山灰に含まれる鉱物を顕微鏡で観察します。火山灰中に含まれる鉱物の洗い出し作業も体験することができます。

日時:10月28日(日)  午前10時00分から午後4時00分まで

場所:博物館2階 実習実験室

対象:どなたでも

参加費:無料

大山倉吉軽石(鳥取県倉吉市)
姶良Tn火山灰(福島県桑折町)
洞爺火山灰(北海道広尾町)

10月
29
休館日
10月 29 全日
11月
3
土器から探る縄文社会の広域ネットワーク
11月 3 @ 3:00 PM – 5:00 PM

~博物館考古資料文化財指定記念講演会を開催します~

相模原市立博物館の考古資料が文化財に指定されたことを記念して、11月3日の午後3時から講演会を開催します。

田名塩田遺跡群出土の真脇式土器

講師に首都大学東京人文社会学部講師の山本典幸さんを迎え、相模原市の田名塩田遺跡群の真脇式土器と、石川県真脇遺跡との比較をテーマとしたお話をしていただきます。

事前申し込みは不要なので、希望者は直接博物館大会議室へおこしください。

先着200名まで。

11月
5
休館日
11月 5 全日
11月
12
休館日
11月 12 全日
11月
17
平成30年度学びの収穫祭を行います!
11月 17 @ 9:30 AM – 11月 18 @ 5:00 PM

毎年11月中旬、博物館を拠点に活動するボランティアグループや、学芸員が活動に関わる郷土研究グループ、そして学校の部活動などが一同に集まり、研究・活動発表会を行います。今年は11月17日(土)、18日(日)の二日間、博物館地階の大会議室とホワイエなどを使ってたくさんのグループや個人が発表を行う予定です。発表会はどなたでもご参加いただけます。お気軽にご来場ください。

日時 平成30年11月17日(土)、18日(日)
   9時30分~17時

場所 大会議室、ホワイエなど

詳しい内容・発表プログラムは今後ホームページでお知らせしていきます。

発表をご希望の団体は博物館へお問い合わせください。
発表エントリーシートはコチラ

口頭発表会のようす(昨年度)
OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2, 1/50 sec, ISO200)
展示発表のようす(昨年度)
OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2, 1/50 sec, ISO200)
ワークショップ(縄文研究会)のようす(昨年度)

11月
18
学芸員講話 さがみはらの博物誌~学芸員リレートーク~
11月 18 @ 2:00 PM – 4:00 PM
学芸員講話 さがみはらの博物誌~学芸員リレートーク~ @ 相模原市立博物館 | 相模原市 | 神奈川県 | 日本

「さがみはらの博物誌」として、相模原市立博物館学芸員講話全6回を開催します。

各回ごとに独立したテーマなので、興味がある回のみに参加することもできますが、この機会に様々なジャンルの講演会に参加してみてはいかがでしょうか。

毎回午後2時から4時までで、会場は地下1階大会議室です。

事前申し込み不要、先着200名様までですので、直接、博物館にご来館ください。

5月13日(日)「相模原生きもの百科 あなたはいくつ知っていますか??」秋山幸也(生物担当学芸員)

6月10日(日)「石老山の成り立ち」河尻清和(地質担当学芸員)

7月8日(日)「道祖神のまつりかた」加藤隆志(民俗担当学芸員)

9月23日(日)「相模原に残る幕末・維新の英雄たちの文化財」木村弘樹(歴史担当学芸員) *この回は14:00~15:30で、15:30~関連イベントを開催します。

10月21日(日)「学芸員講話inプラネタリウム~極北の星空とオーロラ~」里見聡一(天文担当学芸員)※この回のみ、会場はプラネタリウム、時間は14:30~16:30です。プラネタリウム内での実施となるため安全管理上、途中入場(再入場を含む)は休憩時間以外できません。

11月18日(日)「石の縄文文化誌」中川真人(考古担当学芸員)

11月
19
休館日
11月 19 全日
11月
23
11月の「さがみはら宇宙の日」リラックスプラネタリウム ~森の香りを添えて~
11月 23 @ 12:10 PM – 12:50 PM

 

 11月の「さがみはら宇宙の日」は11月23日の「勤労感謝の日」にちなみ、プラネタリウム内で癒しのひと時を過ごしていただくことを目的とした、リラックスプラネタリウムを実施します。

プラネタリウムドーム内の様子

 プラネタリウム内で投影される星や映像と森の香りに包まれる40分間です。ゆっくりと休みたい方からじっくりと星空を眺めたい方まで是非お越し下さい。
※当日は本事業実施の為、日曜・祝日等の12:10から実施している「おためしタイム」の投影はありません。

日  時 平成30年11月23日(金・祝)
     12:10~12:50 ※12:00開場
会  場 相模原市立博物館 プラネタリウム
定  員 200人(先着順)
参  加   費 無 料
参加方法 直接会場まで