イベントカレンダー

イベント名をクリックするとイベントの詳細に移動します。

※タイトル、内容、日程等は都合により変更になる場合があります

6月
11
はやぶさ&はやぶさ2座談会
6月 11 @ 1:00 PM – 3:00 PM
第1部
「はやぶさ」を題材に制作された3つの映画(20世紀FOX、東映、松竹)の各プロデューサーと、その帰還を見守った研究者が語り合います。
 
講師
 

川口 淳一郎さん(JAXA宇宙科学研究所 教授) 元「はやぶさ」プロジェクトマネージャ

國中 均さん(JAXA宇宙科学研究所 副所長)

井上 潔さん(アグン株式会社代表取締役)「はやぶさ/HAYABUSA プロデューサー (20世紀フォックス)」

菊池 淳夫さん 「はやぶさ 遥かなる帰還 プロデューサー(東映株式会社)」

田村 健一さん 「おかえり、はやぶさ プロデューサー(松竹株式会社)」

 

第2部
航行中の「はやぶさ2」の研究者たちが熱い思いを語ります。

講師

津田 雄一さん(JAXA宇宙科学研究所 准教授) 「はやぶさ2」プロジェクトマネージャ

渡邊 誠一郎さん(名古屋大学大学院 環境学研究科 教授)

 照井 冬人さん(JAXA 主幹研究開発員)

澤田 弘崇さん(JAXA 主任研究開発員)

中澤 暁さん(JAXA 主任研究開発員)

  • 時間 6月11日(日曜日)午後1時~3時
  • 会場 市立博物館
  • 定員 200人(申込順)
  • 申し込み 5月23日~6月8日に、電話で市コールセンター(042-770-7777)へ
    ※来場者には記念缶バッジをプレゼント

※当日は写真撮影・録画等はご遠慮ください。

詳しいお問い合わせは シティセールス・親善交流課 へ

住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館3階
電話:042-707-7045 ファクス:042-815-2340

 

6月
17
6月の「さがみはら宇宙の日」、「はやぶさ2」トークライブVol.9
6月 17 @ 2:00 PM – 4:00 PM

相模原市立博物館では、小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星Ryugu(リュウグウ)に到達するまでの間、市民のみなさまの関心や応援の気運を高めていただくことを目的に、偶数月に「はやぶさ2」トークライブを開催しています。

第9回目となる今回は講師として「はやぶさ2」化学推進系とりまとめの森治さん(JAXA宇宙科学研究所 助教)をおまねきし、「はやぶさ2」の化学推進系とこれからの推進系についてお話しいただきます。

前半「みんなの想いを載せて・・クレータにピンポイント着陸し、無事帰還せよ!」

はやぶさ初号機やあかつきで得た経験を生かし、はやぶさ2ではどのように信頼性の高い化学推進系を作り上げたか?退避運用やピンポイント着陸等のミッションを達成できるか?ターゲットマーカに込められたみんなの想いを届け、無事帰還できるか?

後半「推進系が切り拓く、次世代の探査ミッション」

進化を遂げた推進系を紹介し、それを活用した次世代の探査ミッション、ソーラー電力セイル(写真右下)による外惑星領域探査計画について明らかにします。

また、ミッションマネージャの吉川真准教授らとのパネルディスカッションも実施する予定です。どうぞお楽しみに!

日  時 平成29年6月17日(土)

開場13:30 講演14:00~16:00

会  場 相模原市立博物館 大会議室

定  員 180人(事前申込み:先着順)

※定員になり次第締切ります

参加費 無 料

申込方法 市コールセンター(042-770-7777)へ

受付期間 6月1日(木)から6月16日(金)まで

(午前8時から午後9時まで)

 

7月
1
7月の「さがみはら宇宙の日」Asteroid Day(小惑星の日) in 相模原 ~天体の地球衝突に対処する~
7月 1 @ 1:30 PM – 4:30 PM

「さがみはら宇宙の日」は、宇宙や天文について広く市民の皆さま方に親しんでいただくとともに、相模原市が宇宙とつながるまちであることを実感していただくことを目的に実施しています。7月のさがみはら宇宙の日は、6月30日の「Asteroid Day(アステロイド・デイ、小惑星の日)」にちなみ、小惑星探査機「はやぶさ2」の応援も兼ねて、小惑星に関する講演やワークショップを行います。

PENTAX K-7 (50mm, f/3.5, 1/30 sec, ISO800)
JAXA宇宙科学研究所の吉川真准教授

 

NPO法人日本スペースガード協会副理事長の浅見敦夫さん

 

前半はJAXA宇宙科学研究所の吉川真准教授に「小惑星についての基本的な情報から最新情報まで」と「小惑星が地球に衝突することにどのように対処するのか(することができるのか)」について講演していただいた後、NPO法人日本スペースガード協会副理事長の浅見敦夫さんから「青森の麦畑で見つかった隕石孔と疑われる穴の調査と見えてきた課題」について講演していただきます。

Canon PowerShot G16 (6.1mm, f/1.8, 1/1600 sec, ISO160)
青森の麦畑で見つかった隕石孔と疑われる穴の調査の様子

 

 

後半は、日本スペースガード協会さんの協力を得て、「小惑星さがし」のワークショップを行い、小惑星発見についての基礎知識を得るとともに、実際に小惑星探しに挑戦していただきます。

 

 

日  時 平成29年7月1日(土) 開場 13:00 講演13:30~16:30

会  場 相模原市立博物館 大会議室

定  員 150人(事前申込み:先着順)※定員になり次第締切ります。

参加費 無 料

申込方法 市コールセンター(042-770-7777)へ

受付期間 6月15日(木)から6月30日(金)まで(午前8時から午後9時まで)

7月
15
第二回石仏講話「相模原の石仏調査」
7月 15 @ 2:00 PM – 4:00 PM

これまで市内で行われてきた石仏調査に触れつつ、石仏を調べる際の方法や分析の視点等についてお話しします。  場所・大会議室。定員120名。無料。ご希望の方は直接会場にお越し下さい。