イベントカレンダー

イベント名をクリックするとイベントの詳細に移動します。

※タイトル、内容、日程等は都合により変更になる場合があります

11月
1
学習資料展~ちょっと昔のくらし 第18回東京オリンピックの頃~
11月 1 2019 @ 9:30 AM – 2月 24 2020 @ 5:00 PM

子どもたちに昔のくらしを知ってもらう「学習資料展」を今年も開催します。

今回は東京2020オリンピックの開催にちなみ、1964年の第18回東京オリンピックの頃に使われていた生活道具を紹介します。

恒例の市民学芸員によるジオラマ制作として、当時の「居間」を手がけましたので、ぜひご覧ください。

会 期  令和元年11月1日(金)から令和2年2月24日(月・休)までの間の午前9時30分から午後5時まで

休館日  月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日に休館)、年末年始(12/28(土)から1/3(金))、1/15(水)、16(木)、2/12(水)

会 場  相模原市立博物館特別展示室

観覧料  無 料

主 催  相模原市立博物館

関連事業

 チャレンジ体験コーナー

○昔の遊び体験 ・ブンブンゴマ ・割り箸鉄砲 ・薬研、石臼挽き体験 ・折り紙 ・ヨーヨー体験 ・けんだま ・おはじき、レコード視聴など

○紙芝居実演(12:30~)

○ふるさといろはカルタ大会(12:50~)

かるた大会イメージ

○展示解説

日時:チャレンジ体験コーナー開催中

会場:市立博物館特別展示室

解説:市民学芸員(希望者に対応する形)

日 時:

①令和元年11月 3日(日) 

②令和元年11月17日(日) 

③令和元年12月 1日(日) 

④令和元年12月15日(日) 

⑤令和2年 1月 5日(日)

⑥令和2年 1月19日(日) 

⑦令和2年 2月 2日(日)

⑧令和2年 2月16日(日)

いずれも午前10時から午後4時まで。

 指導:市民学芸員

1月
17
ミニ展示「マッチ」
1月 17 – 4月 5 全日

日本では、明治8年(1875)に生産が始まったマッチ。
マッチが入った箱には広告が印刷されていることが多く、店舗では連絡先などを入れたマッチ箱を客に配って宣伝していました。
今回は、飲食店や旅館、商店街などいくつかの内容に分けてさまざまな図柄のマッチ箱を展示します。

ミニ展示 マッチ

会期

令和2117日~45

時間

午前9時30分~午後5時

場所

常設展示室出口付近

2月
15
吉野宿ふじや企画展「甲州道中(相模湖・藤野・上野原)のおひな様」展
2月 15 – 3月 15 全日

~毎年恒例、古民家で味わうひなまつり~

藤野のおひな様展 イメージ

藤野、相模湖、上野原のひな人形を展示するとともに、各地域での「雛まつり」を写真などで紹介します。

期間は2/15(土)から3/15(日)まで。

開館時間は10:00から16:00まで。

期間中の休館日は、月曜日です。

ぜひこの機会に常設展示とあわせご観覧ください。

また、関連事業として「紙のひな人形作り」も期間中3回開催します。

吉野宿ふじや外観

※吉野宿ふじやは平成29年4月以降、原則として「土日祝日のみ開館」としていますが、当該イベント実施中は火曜~金曜も観覧可能です。

2月
22
【延期(日程未定)】富士山火山防災フォーラム 同時開催:はたらくくるま展
2月 22 @ 9:30 AM – 3:00 PM

市内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことから、不要不急の集会を避けるため、延期(日程未定)となりました。


チラシの詳細はこちら

日時

令和2年222(土)
延期(日程未定)
午前9時30分~午後3時

会場

相模原市立博物館(相模原市中央区高根3-1-15)

講演会

第1部 10:00~11:55 第2部 12:40~14:35
※第1部、第2部は同じ内容です。
参加費 無料(各部先着200名)

「基礎から学ぶー富士山と噴火の備えー」(50分)
萬年 一剛(神奈川県温泉地学研究所 主任研究員)

「相模原の地層に残された巨大噴火の痕跡」(30分)
河尻 清和(相模原市立博物館 地質担当学芸員)

はたらくくるま展

火山災害にかかわる自衛隊車両などの特殊車両の展示を行います。
時間 9:30~15:00
会場 屋外駐車場

火山灰の展示

火山灰の体験、パネル展示及び顕微鏡での観察コーナ
ーを設置します。
時間 9:30~15:00
会場 地階 ホワイエ

  大会議室 ホワイエ 屋外駐車場
9:30  

 

 

火山灰の展示

 

 

はたらくくるま展
(雨天中止)

10:00

講演会
(第一部)
河尻学芸員
萬年主任研究員
11:55 休憩
12:40

講演会
(第二部)
河尻学芸員
萬年主任研究員
15:00  

主催

神奈川県・相模原市・相模原市教育委員会

参加団体

陸上自衛隊(東部方面混成団、第4施設群)、(一社)相模原市建設業協会、(公社)相模原市防災協会

お問い合せ

神奈川県災害対策課 045-210-3433(直通)
相模原市危機管理課 042-769-8208(直通)

当日は、博物館駐車場のほかに臨時駐車場もございます。
詳しくは、チラシ裏面をご覧ください。

雨天による「はたらくくるま展」の中止情報などは、神奈川県災害情報ポータルをご覧ください。

紙のひな人形作り(「甲州道中のおひな様」展の関連事業)
2月 22 @ 1:30 PM – 3:30 PM

~毎年恒例、古民家で味わうひなまつり~

「甲州道中のおひな様」 イメージ

「甲州道中のおひな様」展関連事業として「紙のひな人形作り」を開催します。

日時:令和2年2月22日(土)、3月1日(日)・15日(日)

   午後1時30分~3時30分(3時受付終了)

会場:吉野宿ふじや

定員:各日とも先着30名様まで

参加費:無料

講師:藤野折り紙サークルのみなさん

事前申し込み不要ですのでどうぞお気軽にお立ち寄りください。

紙のおひな様(イメージ)
紙のおひな様(イメージ)
吉野宿ふじや外観

※吉野宿ふじやは平成29年4月以降、原則として「土日祝日のみ開館」としていますが、「甲州道中のおひな様」展開催中は火曜~金曜も観覧可能です。

2月
23
いろいろな砂を顕微鏡で見てみよう
2月 23 @ 10:00 AM – 4:00 PM

いろいろな砂を顕微鏡で見てみよう

日本各地の川原や海岸の砂を顕微鏡で観察します。南極やサハラ砂漠の砂も見ることができます。実物入り砂カードを作成することもできます.

日時:2月23日(日・祝)  午前10時00分から午後4時00分まで

場所:博物館2階 実習実験室

対象:どなたでも

参加費:無料

南極の砂 赤い粒はザクロ石です。
阿嘉島
沖縄のサンゴ礁の砂 「星の砂」が含まれています。「星の砂」は有孔虫と呼ばれる小さな生き物の殻です。

 

学芸員講話inプラネタリウム「博物館から覗いた宇宙」「2020年の主な天文現象」
2月 23 @ 2:30 PM – 4:30 PM

学芸員講話第8回は、天文担当学芸員の二人がプラネタリウム内で講演を行います。
※他の学芸員講話と開催時間や会場が異なりますので、ご注意ください。また、会場がプラネタリウムのため、途中の休憩時間以外で途中入場はできませんのでご注意ください。

①「博物館から覗いた宇宙」
 博物館の口径40㎝反射望遠鏡などを使って撮影した天体の写真や動画を交えながら、星空観望の魅力についてお話します。

②「2020年の主な天文現象」
 今年、見ごろを迎える天体や天文現象について、各季節に分けてご紹介します。

日 時令和2223日(日)
                     午後2時30分~4時30分(2時20分開場)

会 場相模原市立博物館 プラネタリウム

講演者①田子 智大(当館天文担当学芸員)
    ②里見 聡一(当館天文担当学芸員)

定 員200名(申込不要、先着順)

参加費無料

2月
25
臨時休館日
2月 25 全日
2月
26
臨時休館日
2月 26 全日
2月
27
臨時休館日
2月 27 全日
3月
1
紙のひな人形作り(「甲州道中のおひな様」展の関連事業)
3月 1 @ 1:30 PM – 3:30 PM

~毎年恒例、古民家で味わうひなまつり~

「甲州道中のおひな様」 イメージ

「甲州道中のおひな様」展関連事業として「紙のひな人形作り」を開催します。

日時:令和2年2月22日(土)、3月1日(日)・15日(日)

   午後1時30分~3時30分(3時受付終了)

会場:吉野宿ふじや

定員:各日とも先着30名様まで

参加費:無料

講師:藤野折り紙サークルのみなさん

事前申し込み不要ですのでどうぞお気軽にお立ち寄りください。

紙のおひな様(イメージ)
紙のおひな様(イメージ)
吉野宿ふじや外観

※吉野宿ふじやは平成29年4月以降、原則として「土日祝日のみ開館」としていますが、「甲州道中のおひな様」展開催中は火曜~金曜も観覧可能です。

民俗学講演会「妖怪と伝説」
3月 1 @ 2:00 PM – 4:00 PM

相模原には様々な妖怪が伝承されています。

今回は、『学校の怪談』の執筆者でもあり、妖怪研究でもご活躍されている常光徹氏に妖怪の伝説について語っていただきます。

お子様でも楽しめる内容ですので、ぜひご参加ください。

日 時:令和日(日)
                     午後2時~4時(1時30分開場)

会 場:相模原市立博物館 地階 大会議室

講演者:常光 徹(映画「学校の怪談」原作者)

定 員:200名(申込不要、先着順)

参加費:無料

3月
2
休館日
3月 2 全日
3月
9
休館日
3月 9 全日
3月
14
尾崎咢堂記念館近現代史講演会 「伊藤博文の歩みと神奈川」
3月 14 @ 2:00 PM – 4:00 PM

尾崎咢堂記念館近現代史講演会 「伊藤博文の歩みと神奈川」

尾崎咢堂記念館では、尾崎行雄(咢堂)が活躍した明治から昭和前半頃に活躍した人物に関わる近現代史講演会を定期的に開催しています。今回は尾崎咢堂が政友会で一時活動を共にした「伊藤博文」に関する講演会を、専門家を招いて開催します。

講演会名 「伊藤博文の歩みと神奈川」

日時 令和2年3月14日(土) 午後2時から4時

場所 尾崎咢堂記念館 多目的室(相模原市緑区又野691 042-784-0660)

講師 旧伊藤博文金沢別邸館長 寺岡 真理子さん

定員 40名(当日先着順 直接会場までお越しください)

問い合わせ 尾崎咢堂記念館 042-784-0660

 

伊藤博文写真(国立国会図書館「近代日本の肖像」より)

伊藤博文講演会チラシ