イベントカレンダー

イベント名をクリックするとイベントの詳細に移動します。

※タイトル、内容、日程等は都合により変更になる場合があります

3月
18
相模原の遺跡2017 博物館deトレジャーハンター お宝なぞ解き考古展
3月 18 – 5月 7 全日
古代のさがみはらを楽しみながら学ぼう!

考古学者さがぽんと大日野原(おびのっぱら)遺跡の土偶から生まれたおびのっちといっしょに、さがみはらの太古の遺跡から発掘された”お宝”の謎を解きあかす、参加型なぞ解き考古展。

わたしたちの足下の大地には、何千年、何万年といったはるか昔の先人たちの暮らしが眠っています。発掘調査によって眠りからさめた考古資料には、先人たちの暮らしの知恵や物の美しさ、神秘的な祈りの思いが形となり、わたしたちに問いかけるのです。考古資料の謎をクイズで答えながら進む歴史冒険にチャレンジ!

チラシ(PDF)

4月
1
相模原市立博物館「全天周映画」新規上映作品のお知らせ
4月 1 @ 2:40 PM – 7月 14 @ 3:50 PM

いきものがたり

A story of Biodiversity Think the Earth                                            いきものはみんな星からできている

4月1日から全天周映画の新規作品の上映を開始します。「いきものがたり」は、宇宙スケールで命と生き物を考える作品です。地球上に生きる、何千万という種の生き物。その中のたった一種である私たち人間が、他の何千万という種に多大な影響を与えているのです。生物の多様性とその大切さを訴えながら、全ての生き物は兄弟であるという大きなメッセージを伝えます。                                                                                               ※この作品は、約35分間の全天周映画です。解説員による星空の解説はありません。


 

 

 

 

 

©サラヤ、グリーンワイズ、スペースポート、                pHスタジオ、D&Dピクチャーズ

 

【上映期間】4月1日(土)から7月14日(金)まで

【上映スケジュール】                                                                                                         4月1日から4日まで(春休み特別上映期間):午後2時40分から

4月5日以降の平日:午後3時50分から

4月5日以降の土・日曜日・祝日:午後2時40分から

※ただし事業のため、上映時間帯の変更や休映などとする場合があります。

【休館日】 月曜日(休日に当たるときは開館)、休日の翌日(休日・土・日曜日に当たるときは開館)、その他、臨時で休館する場合があります。

【会 場】 相模原市立博物館

【定 員】 各210人(先着順)※希望者は直接会場へ

【観覧料】 500円(4歳~中学生は200円、65歳以上の方は250円(要証明書))                                                                                                         その他、障害者手帳の交付を受けている方とその介護者及びひとり親家庭の方は、証明するものを提示することにより、無料となります。     団体予約や減免料金でのご観覧をご希望の方はお問い合わせください。

4月
22
生きものミニサロン
4月 22 2017 @ 12:00 PM – 3月 24 2018 @ 12:30 PM
OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100)
落ち葉で工作

博物館のまわりで季節ごとの生きものを観察したり、室内でのミニレクチャーを行ったり、バラエティに富んだ内容を扱う生きもの好きのみなさん対象のミニサロンです!

毎月第4土曜日(平成29年度は8月のみ第3土曜日)
時間 12時~12時30分

申し込み不要、参加費無料

4月
25
相模原市立博物館プラネタリウム新番組のお知らせ
4月 25 – 6月 9 全日

プラネタリウムでGO!南半球の星空めぐり

南半球で星空を見た事はありますか?

この番組の投影期間は、南半球の星座で人気のある南十字星(みなみじゅうじ座)がよく見える時期です。

日本国内でも、沖縄など南に行けば南十字星の一部を見ることができます。今回は、石垣島とオーストラリアから見た星空を、解説員がご案内します。南半球の星座や天体を眺めて、相模原の星空との違いを感じてみませんか?

さあ、プラネタリウムで南半球の星空めぐりに出掛けましょう!

【投影期間】4月25日(火)から6月9日(金)まで

【投影スケジュール】平日の14:40からと、土曜・日曜・祝日の15:50からの約40分間

【投影期間中の休館日】 月曜日 ※その他、臨時で休館する場合があります。

【会 場】 相模原市立博物館

【定 員】 各210人(先着順)※希望者は直接会場へ

【観覧料】 おとな500円、こども(4歳~中学生)200円

・65歳以上の方は半額となります。

・障害者手帳の交付を受けている方とその介護者及びひとり親家庭の方は、無料となります。

※団体予約や観覧料が無料(4歳未満は除く)又は半額となる方は受付で証明するものを提示し、観覧券をお求めください。詳細についてはお問い合わせください。

 

5月
1
休館日
5月 1 全日
鈴木重光 絵はがきコレクション巡回展③-南合同庁舎-
5月 1 – 5月 31 全日

鈴木重光 絵はがきコレクション巡回展③-南合同庁舎-

津久井郷土資料室に所蔵されていた資料で、旧内郷村(現 緑区若柳・寸沢嵐)の郷土史家鈴木重光氏が収集した12,000枚もの絵はがきのうち、津久井地域のものを主に紹介する巡回展を南合同庁舎にて行います。南区内を通る横浜水道の水源地にかかわる絵はがきもあります。

会期・会場

平成29年4月28日(土)~5月31日(水) 南合同庁舎 1階 ロビー

展示内容   

12,000枚の絵はがきのうち、津久井地域のものを約50点などを展示

・津久井地域を紹介した絵はがきをテーマ別に展示

 津久井地域の山、川、寺社、鉄道、横浜水道などのテーマごとに絵はがきをA1額に入れ展示

 

  • 今と昔の写真を比較して展示

 

  絵はがきをA3程度のパネルに拡大し、現在の同じ場所写真と比較して展示。

絵はがき巡回展チラシ 南合庁

5月
5
考古企画展関連事業「縄文ワークショップ」
5月 5 @ 10:00 AM – 4:00 PM

考古企画展関連事業「縄文ワークショップ」

日時  5月5日(金・祝日) 午前10時~午後4時

場所  博物館 特別展示室前

協力  相模原縄文研究会

申込  不要(直接会場へ)

内容  縄文時代をイメージした体験教室

     ●アンギンコースターづくり

     ●縄文ミサンガづくり

     ●どんぐり笛・竹笛づくり

5月
7
考古企画展ミュージアムトーク(展示解説)
5月 7 @ 2:00 PM – 3:00 PM

考古企画展ミュージアムトーク

日時  5月7日(日) 午後2時~3時

申込  不要(直接会場へ)

内容  担当学芸員による展示解説。

5月
8
休館日
5月 8 全日
5月
13
「昼間の星の観望会」(5月のさがみはら宇宙の日・国際博物館の日記念事業)
5月 13 全日

LGE Nexus 5 (3.97mm, f/2.4, 1/120 sec, ISO143)

5月18日は「国際博物館の日」です。全国各地の博物館で様々な催しが行われています。

相模原市立博物館では、「さがみはら宇宙の日」事業も兼ね、「国際博物館の日記念事業」として、下記の事業を実施します。

どうぞこの機会に博物館にご来館ください。

★★★「昼間の星の観望会」(5月のさがみはら宇宙の日)★★★

日時:5月13日(土)・5月14日(日)

いずれも午前10時から11時までと14時から15時まで(出入り自由)

※時間は多少前後する可能性があります。

内容:天体観測室にて昼間の星を観察します。午前は金星、午後はオリオン座などを観望する予定です。

荒天時は天体観測室見学となります。

参加方法:天文展示室前にお集まりください。

混雑時は多少お待ちいただくか、人数を制限する場合があります。

 

プラネタリウムこども無料デー(5月のさがみはら宇宙の日・国際博物館の日記念事業)
5月 13 全日

5月18日は「国際博物館の日」です。全国各地の博物館で様々な催しが行われています。

相模原市立博物館では、「さがみはら宇宙の日」事業も兼ね、「国際博物館の日記念事業」として、下記の事業を実施します。

どうぞこの機会に博物館にご来館ください。

5月13日(土)・14日(日)は「プラネタリウムこども無料デー」

11:00~こどもプラネタリウム 「リーベルタース天文台だより 春の星座の物語」

12:10~プラネタリウム 「ナナとハチ~ちきゅうにおちてきたネコのものがたり~」 ←この作品を見られるのはこの二日間のみ(作品のあらすじ等はこのページ下部に記載)

©LIBRA/NOBO/MASA/YOKOT

13:30~プラネタリウム「春の星空模様」

14:40~全天周映画「いきものがたり」

15:50~プラネタリウム「プラネタリウムでGO!南半球で星空めぐり」

※いずれの回も、約40分間です。定員各回 210人(先着順)

※4歳~中学生までの方が無料でご覧になるためには、

 当日午前9時30分から当館で配布する整理券が必要です。

 また、未就学児は保護者の同伴が必要です。

※観覧料はおとな500円、こども(4歳~中学生)無料、

 65歳以上は証明書提示で250円。

——————————————————————————–

「ナナとハチ ~ちきゅうにおちてきたネコのものがたり~」

あらすじ:むかしむかし、ある山里での出来事。ゴンロクじいさんと、10歳の女の子、ナナのところへ宇宙からネコが落ちてきました。ゴンロクはそのネコ、ハチとは数十年ぶりの再会とのこと。ところがハチは、前に会った時から歳をとっていないようにみえます。いったいどういうことなのでしょう?二人と1匹は仲良く暮らし始めますが、やがて悲しい別れの時がやってきます。ちょっぴり切ない時間の不思議が織りなす昔ばなし。 

作品概要:アインシュタインの相対性理論を織り込みながらも、作品は概ね、お話=ストーリーで構成され、小さなお子さんから大人まで幅広く楽しめる作品です。私たちの宇宙。時間はどこでもいつでも、同じように流れているのでしょうか?数多くの映画で時間旅行が取り上げられ、「浦島太郎」などの日本の昔ばなしにおいても、時間にまつわるエピソードはいくつか見受けられます。物理や数学が分からなくても、ストーリーを楽しんでいただきながら、「時間」という現象?(もの?概念?)をあらためて考えてみる機会となれば幸いです。

対象年齢:幼児~大人

博物館の魅力発見!常設展展示解説ツアー(国際博物館の日記念事業)
5月 13 全日
博物館の魅力発見!常設展展示解説ツアー(国際博物館の日記念事業)

5月18日は「国際博物館の日」です。全国各地の博物館で様々な催しが行われています。

相模原市立博物館では、「国際博物館の日記念事業」として、下記の事業を実施します。

どうぞこの機会に博物館にご来館ください。

★★★博物館の魅力発見!常設展展示解説ツアー★★★

日時:5月13日(土)・5月14日(日)

いずれも午前10時30分から11時までと14時から14時30分まで

内容:博物館の常設展示室をご案内します。

参加方法:各回先着20名様まで

(午前9時30分から博物館1階エントランスにて整理券配布します。

参加者にはオリジナル缶バッチをプレゼントします)

5月
14
「昼間の星の観望会」(5月のさがみはら宇宙の日・国際博物館の日記念事業)
5月 14 全日

LGE Nexus 5 (3.97mm, f/2.4, 1/120 sec, ISO143)

5月18日は「国際博物館の日」です。全国各地の博物館で様々な催しが行われています。

相模原市立博物館では、「さがみはら宇宙の日」事業も兼ね、「国際博物館の日記念事業」として、下記の事業を実施します。

どうぞこの機会に博物館にご来館ください。

★★★「昼間の星の観望会」(5月のさがみはら宇宙の日)★★★

日時:5月13日(土)・5月14日(日)

いずれも午前10時から11時までと14時から15時まで(出入り自由)

※時間は多少前後する可能性があります。

内容:天体観測室にて昼間の星を観察します。午前は金星、午後はオリオン座などを観望する予定です。

荒天時は天体観測室見学となります。

参加方法:天文展示室前にお集まりください。

混雑時は多少お待ちいただくか、人数を制限する場合があります。

 

プラネタリウムこども無料デー(5月のさがみはら宇宙の日・国際博物館の日記念事業)
5月 14 全日

5月18日は「国際博物館の日」です。全国各地の博物館で様々な催しが行われています。

相模原市立博物館では、「さがみはら宇宙の日」事業も兼ね、「国際博物館の日記念事業」として、下記の事業を実施します。

どうぞこの機会に博物館にご来館ください。

5月13日(土)・14日(日)は「プラネタリウムこども無料デー」

11:00~こどもプラネタリウム 「リーベルタース天文台だより 春の星座の物語」

12:10~プラネタリウム 「ナナとハチ~ちきゅうにおちてきたネコのものがたり~」 ←この作品を見られるのはこの二日間のみ(作品のあらすじ等はこのページ下部に記載)

©LIBRA/NOBO/MASA/YOKOT

13:30~プラネタリウム「春の星空模様」

14:40~全天周映画「いきものがたり」

15:50~プラネタリウム「プラネタリウムでGO!南半球で星空めぐり」

※いずれの回も、約40分間です。定員各回 210人(先着順)

※4歳~中学生までの方が無料でご覧になるためには、

 当日午前9時30分から当館で配布する整理券が必要です。

 また、未就学児は保護者の同伴が必要です。

※観覧料はおとな500円、こども(4歳~中学生)無料、

 65歳以上は証明書提示で250円。

——————————————————————————–

「ナナとハチ ~ちきゅうにおちてきたネコのものがたり~」

あらすじ:むかしむかし、ある山里での出来事。ゴンロクじいさんと、10歳の女の子、ナナのところへ宇宙からネコが落ちてきました。ゴンロクはそのネコ、ハチとは数十年ぶりの再会とのこと。ところがハチは、前に会った時から歳をとっていないようにみえます。いったいどういうことなのでしょう?二人と1匹は仲良く暮らし始めますが、やがて悲しい別れの時がやってきます。ちょっぴり切ない時間の不思議が織りなす昔ばなし。 

作品概要:アインシュタインの相対性理論を織り込みながらも、作品は概ね、お話=ストーリーで構成され、小さなお子さんから大人まで幅広く楽しめる作品です。私たちの宇宙。時間はどこでもいつでも、同じように流れているのでしょうか?数多くの映画で時間旅行が取り上げられ、「浦島太郎」などの日本の昔ばなしにおいても、時間にまつわるエピソードはいくつか見受けられます。物理や数学が分からなくても、ストーリーを楽しんでいただきながら、「時間」という現象?(もの?概念?)をあらためて考えてみる機会となれば幸いです。

対象年齢:幼児~大人

博物館の魅力発見!常設展展示解説ツアー(国際博物館の日記念事業)
5月 14 全日
博物館の魅力発見!常設展展示解説ツアー(国際博物館の日記念事業)

5月18日は「国際博物館の日」です。全国各地の博物館で様々な催しが行われています。

相模原市立博物館では、「国際博物館の日記念事業」として、下記の事業を実施します。

どうぞこの機会に博物館にご来館ください。

★★★博物館の魅力発見!常設展展示解説ツアー★★★

日時:5月13日(土)・5月14日(日)

いずれも午前10時30分から11時までと14時から14時30分まで

内容:博物館の常設展示室をご案内します。

参加方法:各回先着20名様まで

(午前9時30分から博物館1階エントランスにて整理券配布します。

参加者にはオリジナル缶バッチをプレゼントします)