イベントカレンダー

イベント名をクリックするとイベントの詳細に移動します。

※タイトル、内容、日程等は都合により変更になる場合があります

9月
16
企画展 JAXA×博物館「水金地火木土展~カイ・メイ!太陽系探査の軌跡~」
9月 16 – 10月 29 全日

私たちの住む地球、そして太陽系・・・

これまで、さまざまな人工衛星や探査機が打ち上げられ、その姿やしくみを明らかにしてきました。

今回の展示では宇宙や、宇宙科学の歴史、最先端の技術等に触れながら、太陽系について紹介します。

 

【会  期】平成29年9月16日(土)~10月29日(日)

【休 館 日】月曜日(9月18日、10月9日を除く)、

     9月19日(火)、10月10日(火)

【会  場】相模原市立博物館 特別展示室ほか

【観   覧  料】無 料

【主  催】相模原市立博物館

【共  催】国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

【協  力】東京造形大学、アートラボはしもと(相模原市)

【展示内容】(1)太陽系について

      (2)日本の宇宙科学の歴史について

      (3)東京造形大学×アートラボはしもと

        「この夏、宇宙へ行ってきました!」作品展示

【関連事業】 

★9月のさがみはら宇宙の日

 「地球から太陽系を見てみよう!~昼間の星の観望会~」

日時:9月23日(土・祝)午前10時~11時、午後2時~3時

会場:博物館 天体観測室

参加方法:希望者は天文研究室前まで

※雨天・曇天等、星の観望が難しい場合には天体観測室の見学のみとなります。

詳細はこちら

★10月のさがみはら宇宙の日

 「はやぶさ2」トークライブVol.11

日時:10月7日(土)午後2時~4時

会場:博物館 大会議室

定員:180人(申込順)※定員になり次第締切り。

申込方法:市コールセンターへ(042-770-7777)

申込期間:9月15日(金)~10月6日(金)

     (午前8時から午後9時)

詳細はこちら

★JAXA宇宙科学研究所職員による

企画展みどころ解説ツアー

日時:10月22日(日)

午後2時30分~3時30分

会場:博物館 大会議室、特別展示室

参加方法:希望者は直接会場まで

 ※希望者多数の場合、大会議室での講義のみとなります。

詳細はこちら

 

チラシデータ↓

 

 

 

 

9月
24
相模原市立博物館考古学講座 戦国時代の山城 津久井城
9月 24 2017 @ 2:00 PM – 2月 25 2018 @ 4:00 PM

    戦国の世に、小田原北条氏に従い、内藤氏が五代にわたって居城としたとされる山城。甲斐国との境目の城として位置づけられるこの城は、果た してどれ程の山城であったのか。今なお、調査研究が進められている津久井城を様々な視点からみなおしてみる。

●第1回 「小田原城研究から津久井城をみる」

日時:平成29年9月24日(日) 

午後2時~4時(開場 1時30分~)

会場:相模原市立博物館 大会議室(定員200名 先着順)

講師:当館学芸員

●第2回 「発掘調査から津久井城をみる」

日時:平成29年10月29日(日)

午後2時~4時(開場 1時30分~)

会場:相模原市立博物館 大会議室(定員200名 先着順)

講師:野口浩史 氏(県立津久井湖城山公園副園長)

●第3回 津久井城跡発掘調査現地説明会

日時:平成29年11月26日(日)

午前10時~午後2時 ※小雨決行・雨天中止

会場:県立津久井湖城山公園 里山広場

※この日だけ、会場と時間が異なりますので、お間違えのないようお願いします。

●第4回 「三増合戦から津久井城をみる」

日時:平成29年12月24日(日)

午後2時~4時(開場 1時30分~)

会場:相模原市立博物館 大会議室(定員200名 先着順)

講師:山口研一 氏(愛川町郷土資料館館長)

●第5回 「中世庭園から津久井城をみる」

日時:平成30年1月14日(日)

午後2時~4時(開場 1時30分~)

会場:相模原市立博物館 大会議室(定員200名 先着順)

講師:当館学芸員

●第6回 「北条領国の城郭から津久井城をみる」

日時:平成30年2月25日(日)

午後2時~4時(開場 1時30分~)

会場:相模原市立博物館 大会議室(定員200名 先着順)

講師:佐々木健策 氏(小田原城天守閣学芸員)

共催 公益財団法人神奈川県公園協会 県立津久井湖城山公園

 

9月
30
尾崎咢堂記念館開館60周年記念企画展「尾崎咢堂をめぐる人々」(10/29まで)
9月 30 @ 9:00 AM – 10月 29 @ 4:30 PM

※期間中、10/21と10/22は企画展をご覧いただけませんので、ご来館の際はお気を付けください。

尾崎咢堂記念館開館60周年記念企画展「尾崎咢堂ゆかりの人々」

日時 平成29年9月30日(土)~10月29日(日) 

    午前9時から午後4時30分まで

場所 尾崎咢堂記念館 多目的室

内容 ①尾崎行雄(咢堂)をめぐる政治家たち

    ②雑誌『明星』(第2次)掲載 ”尾崎咢堂の全短歌”発表

    ③尾崎咢堂関係の収蔵資料紹介 *初公開資料あり

    ④尾崎行雄(咢堂)の演説(肉声)音源公開

入場無料

*関連事業 記念講演会「憲政の危機 ~一人ひとりの責任~」

 ・10/1(日)午前10時から正午

 ・津久井中央公民館研修室

 ・講師:尾崎咢堂の孫 原不二子さん

  ((株)ディプロマット代表取締役社長で、国際会議通訳者)

 ・入場無料  当日会場まで直接ご来場下さい。

尾崎咢堂記念館60種年記念企画展チラシ

問合せ:相模原市立博物館(042-750-8030)

10月
22
JAXA宇宙科学研究所職員による企画展みどころ解説ツアー
10月 22 @ 2:30 PM – 3:30 PM

 9月16日から開催している企画展、JAXA×博物館「水金地火木土展~カイ・メイ!太陽系探査の軌跡~」の関連事業として、JAXA宇宙科学研究所の大川 拓也さん(写真左)をお招きし、展示解説ツアーを開催します。日本の宇宙科学の最新情報に触れることができるこの機会に、まだ企画展をご覧になっていない方はもちろん、すでにご覧いただいた方もぜひご参加ください!

日  時 平成29年10月22日(日)

                     開場14:00 講演14:30~15:30

会  場 相模原市立博物館 大会議室 及び特別展示質

定  員 なし

※参加者多数の場合、大会議室での講義のみとなります。

参加費 無 料

参加方法 直接博物館大会議室へ

 

※本事業は企画展 JAXA×博物館「水金地火木土展~カイ・メイ!太陽系探査の軌跡~」の関連事業に位置づけられています。

企画展の詳細についてはこちら

10月
23
休館日
10月 23 全日
10月
28
生きものミニサロン
10月 28 2017 @ 12:00 PM – 3月 24 2018 @ 12:30 PM
OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100)
落ち葉で工作

博物館のまわりで季節ごとの生きものを観察したり、室内でのミニレクチャーを行ったり、バラエティに富んだ内容を扱う生きもの好きのみなさん対象のミニサロンです!

毎月第4土曜日(平成29年度は8月のみ第3土曜日)
時間 12時~12時30分

申し込み不要、参加費無料

10月
30
休館日
10月 30 全日
11月
5
民俗学講演会 「伝説」ってなんだろう?~相模原市の民話から考える~
11月 5 @ 2:00 PM – 4:00 PM

日常でなにげなく使っている「伝説」という言葉は、実は民俗学の「学術用語」です。相模原市の身近な民話を出発点に、伝説の本質と意味や、現在における伝説の有り様についてお話しします。また、伝説の今日的あり方として、民俗学の新しい潮流にも触れていきます。

講師・飯倉義之さん(國學院大學準教授)、場所・大会議室、開場・午後1時30分(予定)、定員・200名、聴講・無料。参加ご希望の方は直接会場にお越し下さい。

11月
6
休館日
11月 6 全日
11月
13
休館日
11月 13 全日
11月
18
相模原市立博物館学芸員講話 さがみはらの博物誌~学芸員リレートーク&スタンプラリー~
11月 18 @ 2:00 PM – 4:00 PM

「さがみはらの博物誌」として、相模原市立博物館学芸員講話全5回を開催します。

各回ごとに独立したテーマなので、興味がある回のみに参加することもできますが、全5回中4回以上参加することによって特典が付くスタンプラリーになっていますので、この機会に様々なジャンルの講演会に参加してみてはいかがでしょうか。

事前申し込み不要、先着200名様までです。毎回午後2時から4時までです。直接、博物館にご来館ください。

11月18日(土)「火山が作った相模原台地」河尻清和(地質担当学芸員)

12月10日(日)「相模原が”柴胡が原”と呼ばれていたころ」秋山幸也(生物担当学芸員)

平成30年1月14日(日)「中世庭園から津久井城をみる」中川真人(考古学担当学芸員)

平成30年2月11日(日)「謎のさがみはら中世武士列伝」木村弘樹(歴史担当学芸員)

平成30年3月11日(日)「津久井の祭り」加藤隆志(民俗担当学芸員)

※イベントチラシ自体がスタンプラリー台紙になっています。各回参加ごとにチラシにスタンプを押します。このスタンプも回ごとに絵柄が異なっていますのでお楽しみに。

11月
20
休館日
11月 20 全日
11月
23
宇宙フェスタさがみはら2017「月面探査最前線」
11月 23 全日

開 催 予 告 !

気鋭の研究者が月をテーマに語る「講演会」、映像と生演奏のコラボレーション「宇宙と音楽の夕べ」の他、「月のプチ観望会」など、最先端の科学から音楽、プラネタリウムなどで宇宙を堪能できる1日です。ぜひ、ご来場下さい。

1 開催日 平成29年11月23日(木・祝)

2 会 場 相模原市立博物館

3 主 催 宇宙フェスタさがみはら実行委員会(読売新聞東京本社、JAXA宇宙科学研究所、桜美林大学、にこにこ星ふちのべ商店会、相模原市、相模原市教育委員会)

4 参加費 無料(プラネタリウムを観覧する場合は有料)

5 内 容 


—講演会—

午前の部

10:00~ 月の内部は熱いか? 田中智さん(宇宙科学研究所 准教授)

10:40~ 小型月着陸実証機「SLIM」が目指すもの 坂井真一郎さん(宇宙科学研究所 准教授)

11:20~ 月の化学組成は面白い! 大竹真紀子さん(宇宙科学研究所 助教)

午後の部

13:30~ 超小型の探査機で月に着陸できるのか? 橋本樹明さん(宇宙科学研究所 教授)

14:10~ 月極域探査ミッション 星野健さん(宇宙探査イノベーションハブ 研究領域主幹)

14:50~ 月の縦孔・地下空洞直接探査計画 春山純一さん(宇宙科学研究所 助教)


 

参加申込方法など詳しくは「広報さがみはら」11/1号などでお知らせします。

11月
24
休館日
11月 24 全日
11月
25
生きものミニサロン
11月 25 2017 @ 12:00 PM – 4月 21 2018 @ 12:30 PM
OLYMPUS IMAGING CORP. TG-3 (4.5mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100)
落ち葉で工作

博物館のまわりで季節ごとの生きものを観察したり、室内でのミニレクチャーを行ったり、バラエティに富んだ内容を扱う生きもの好きのみなさん対象のミニサロンです!

毎月第4土曜日(平成29年度は8月のみ第3土曜日)
時間 12時~12時30分

申し込み不要、参加費無料