さがプロ2020五大陸考古学講座 第1回「北アメリカ」

いつ:
2019年10月20日 @ 2:00 PM – 4:00 PM
2019-10-20T14:00:00+09:00
2019-10-20T16:00:00+09:00

「さがプロ2020」は、相模原市が2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の機運を高めるとともに、本市の魅力を広くPRするものです。博物館では、海外の歴史や文化を学べる機会として、全6回の五大陸考古学講座を開催します。

定  員 200名(各回毎に電話申込み・先着順)
開   催   日 2019年10月~2020年3月の毎月第3日曜日
申込開始 各開催回の前月17日から前日まで
申   込   先 相模原市コールセンター(☎042-770-7777) 
※博物館では申込みはお受付できませんので、ご注意下さい。

チラシ(表)
チラシ(裏)

第1回 北アメリカ

日 時 2019年10月20日(日)
    午後2時~4時(開場午後1時30分)

講 師 吉田晃章さん(東海大学准教授)

演 題 
メキシコ、テキーラの故郷を掘る ~岩絵調査とロス・アガベス遺跡の発掘~

内 容 
マヤ文明といったメソアメリカの古代文明は有名ですが、メキシコ西部のロス・アルトス地方では岩盤に掘り込んだ謎に満ちた多数の岩絵を残す独自の文化が近年発見されています。その中心、ロス・アガベス神殿遺跡(7世紀以降)の調査を通して、岩絵の謎に迫ります。