学びの収穫祭

いつ:
2014年11月15日 – 2014年11月16日 全日
2014-11-15T00:00:00+09:00
2014-11-17T00:00:00+09:00
どこで:
相模原市立博物館
料金:
無料
連絡先:
相模原市立博物館
042-750-8030

博物館を拠点に活動するボランティアグループや、学芸員が活動に関わる中学、高校の部活動、大学の研究室などが日頃の調査・研究成果を発表します。どなたでも聴講可能です。

タイムスケジュール

11月15日(土)

 9:00 展示・ポスター発表準備

10:00 展示ポスター発表開始

12:40 展示発表コアタイム 口頭発表会受付、入場開始

13:30 口頭発表会開会あいさつ 館長

13:40 海老名市立海老名中学校科学部:海老名中学校自然科学部・   活動紹介

14:00 光明学園相模原高校理科研究部:光明学園理科研究部の活動(八瀬川の淡水生物)

14:20 神奈川工科大学白井研究室:ingressを用いたフィールドミュージアムの開発

14:35 神奈川工科大学白井研究室:特殊映像を使った展示物の開発

14:50 神奈川工科大学白井研究室:ユーザー発信映像とインタラクティブ地理情報を用いたフィールドミュージアムの開発

15:05 麻布大学あざおね社中:青根の里山グリーンマップ

15:25 講評・口頭発表会閉会

11月16日(日)

9:30 開場、受付開始

11:00 口頭発表会開会あいさつ 館長

11:05 市民学芸員:クイズラリー、クイズづくり

11:25 民俗調査会B(4班):東海道を歩く~箱根板橋から入生田を中心に~

11:45 植物調査会 小倉山照葉樹林調査グループ:小倉山照樹林植生調査報告

12:05 休憩

12:40  展示発表コアタイム

13:40 相模原市立博物館天文クラブSMAC:2014年のSMAC活動、14:00相模台公民館文化部&「相模台を知る講座」企画委員:「相模台地区の都市化の移り変わり」-小田急相模原駅と国立相模原病院を核としたまちの発展-

14:20 水曜会:水曜会活動報告

14:40 相模原市自然環境観察員制度 湧水部会:多様な相模原の湧水を探る~温度測定でわかったこと~

15:00 講評・口頭発表会閉会

15:20 終了

◆口頭発表:20分を目安(発表15分、質疑応答5分)

◆座長は前の発表の演者が行う(口頭発表1つ目は博物館職員)

展示発表

桜美林大学植物分類研究室:スズメノヒエの葉鞘に隠れた小穂

桜美林大学植物分類研究室:エノコログサの変異-エノコログサとカタバエノコロー

麻布大学野生動物学研究室:宮城県金崋山島におけるニホンジカが昆虫相に与える間接効果

麻布大学野生動物学研究室:八ヶ岳に営巣したフクロウの食性について

光明学園相模原高校理科研究部:光明学園理科研究部の活動(八瀬川の淡水生物)

神奈川工科大学白井研究室:Ingressを用いたフィールドミュージアムの開発

神奈川工科大学白井研究室:特殊映像を使った展示物の開発

神奈川工科大学白井研究室:ユーザー発信映像とインタラクティブ地理情報を用いたフィールドミュージアムの開発

麻布大学あざおね社中:青根の里山グリーンマップ

県立弥栄高等学校サイエンス部生物班:クマムシの環境耐性についての蘇生率

県立弥栄高等学校サイエンス部生物班:土壌動物を用いた環境評価

水曜会:水曜会活動報告

相模原植物調査会:さがみはら緑の検定

相模原植物調査会:今年見つけた注目の植物

相模原縄文研究会:縄文研究会の活動について

相模原縄文研究会:ワークショップ

福の会:福の会活動報告

相模原 市自然環境観察員制度湧水部会:多様な相模原の湧水を探る~温度測定でわかったこと~

相模原地質研究会:相模原地質研究会活動報告

市民学芸員:クイズラリー、クイズづくり

相模原市立博物館天文クラブ(SMAC):平成25年のSMAC活動から

◆展示発表コアタイムの時間帯は発表者が展示前で解説をします(発表者の都合により不在の場合もあります)

◆発表者、発表タイトルは予定です。変更になる場合がありますのでご了承ください

 

 

「学びの収穫祭」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。