尾崎咢堂没後60年展 ~咢堂と支策の人びと~

いつ:
2014年9月13日 – 2014年10月13日 全日
2014-09-13T00:00:00+09:00
2014-10-14T00:00:00+09:00

尾崎咢堂没後60年展 ~咢堂と支策の人びと~

わが国の立憲民主政治の発展に多大な足跡を残した尾崎行雄(咢堂)の没後60年を記念し、故人の思索や行動を知るとともに、ゆかりの地の人たちの支援交流等を伝えながら郷土出身の偉人を改めて知る機会とします。

*「支策」とは:「ことじをささえる」の意。音(世)を節する(程よくする)道具を尾崎本人になぞらえ、それを支える人間が存在したことを伝える。ちなみに尾崎最初の雅号は「琴泉」で、自ら和琴を奏した。

会期:平成26年9月13日(土)から10月13日(月)

会場:博物館 特別展示室

観覧料:無料

関連事業

【記念講演会】

 日時:平成26年9月28日(日) 午後2時から4時

 場所:博物館大会議室

 講師:小林 正弥氏(千葉大学大学院人文社会科学研究科教授)

 演題: 「憲政と咢堂」

 定員:200人(当日先着順)

【展示解説】

 日時:平成26年10月5日(日) 午後2時から2時30分

 場所:博物館  特別展示室

 解説者:当館学芸委員及び尾崎行雄を全国に発信する会会員