考古学体験教室 「縄文土器の“穴”から植物をみる」

いつ:
2019年4月21日 @ 10:00 AM – 3:00 PM
2019-04-21T10:00:00+09:00
2019-04-21T15:00:00+09:00
どこで:
相模原市立博物館
日本、〒252-0221 神奈川県相模原市中央区高根3丁目1−15
料金:
無料

 日時 4月21日(日) 午前10時~午後3時

 場所 相模原市立博物館 大会議室ホワイエ

 講師 山本 華 さん((株)パレオ・ラボ)

 協力 相模原縄文研究会

 申込 不要(入場自由、直接会場へ)

 縄文土器が作られる時に、粘土に混入した植物の種実が、土器の表面や断面に穴(圧痕)として残ります。縄文土器を手にとり、シリコンを用いた圧痕レプリカを作成し、縄文人がどのような植物を利用していたのかを探る、植物考古学の体験教室です。