津久井郷土資料室にあった紙資料 目録配置及び閲覧可能に

いつ:
2017年3月15日 @ 9:30 AM – 5:15 PM
2017-03-15T09:30:00+09:00
2017-03-15T17:15:00+09:00

経過

 津久井郷土資料室に保管されていた津久井の郷土資料のうち、紙資料について、より適切な保管と公開を図るため、博物館内の収蔵庫に移動しました。このたびその紙資料424箱の資料目録を市民研究室の書棚に配置しました。

資料の内容

 こららの資料は、津久井郷土資料室の所蔵や収集資料、旧相模湖町の郷土史家鈴木重光氏らからの寄贈資料、明治末~昭和中頃の教科書類、尾崎咢堂・天野貞祐全集、昭和15年~31年の各新聞、明治~昭和中頃の絵はがきなどで、津久井地域の歴史、文化を知る上で大変役立つ資料です。

目録及び資料閲覧の開始日

 平成29年3月15日から

目録の配置場所

 市民研究室(博物館2階)

資料の閲覧方法

 資料を閲覧するには、特別利用承認申請の手続きが必要になります。(申請者の連絡先や目的等をご記入いただきます。印鑑は不要です)

 また、貸出し中や担当学芸員が不在等で資料閲覧できない場合もありますので、閲覧希望の方は事前に来館予定日などをお知らせいただければ幸いです。

 なお、資料保護のためコピーはできません。ただし、写真撮影は可能ですので、必要に応じてカメラをお持ちください。

以上