北条早雲没500年連続講演会① 学芸員講話「市内に残る北条早雲制札-無量光寺文書を中心に-」 

いつ:
2019年9月22日 @ 2:00 PM – 4:00 PM
2019-09-22T14:00:00+09:00
2019-09-22T16:00:00+09:00

北条早雲没500年連続講演会① 学芸員講話

「市内に残る北条早雲制札-無量光寺文書を中心に-」

相模原市南区当麻の無量光寺には、戦国大名北条早雲の史料「制札」が残されています。今年は北条早雲没500年にあたることから、相模原にもゆかりのある北条早雲関連の連続講演会を開催します。第1回は北条早雲制札を中心に戦国時代初期の相模原や周辺の状況についてお話しします。第2回は10/6、第3回は11/10の日曜に開催予定。

日時:令和元年9月22日(日) 午後2時~4時まで(開場午後1時半)

場所:相模原市立博物館 地階 大会議室

定員:200人(先着順)  *希望者は直接会場まで

講師:当館歴史担当学芸員 木村 弘樹

入場無料

問い合わせ:相模原市立博物館 042-750-8030

伊勢長氏(北条早雲)制札(複製)

北条早雲連続講演会ポスター・チラシ