伊沢正名講演会「うんこはごちそう 命をつなぐ生態系のホントのはなし」

いつ:
2016年2月28日 @ 2:00 PM – 4:00 PM
2016-02-28T14:00:00+09:00
2016-02-28T16:00:00+09:00
講演会チラシ「うんこはごちそう」
講演会チラシ「うんこはごちそう」

「臭いものにはフタ」をしてしまうのが現代社会の常識です。しかし、生態系における「物質の循環」を考えるとき、生物の排泄物や死体を避けて通ることはできません。人間だけの視点で見れば「おわりのもの」である排泄物や死体も、別の生きものにとっては「ごちそう」であり、「いのちのはまり」なのです。うんこが自然へ還る過程や、それを促す菌類(きのこ)の姿などをとおして、地球環境の問題に優しく、そして鋭く切り込みます。

日時 平成28年2月28日(日)14時から

講師 伊沢正名さん(糞土師=ふんどし)

場所 相模原市立博物館 大会議室

定員 200名(当日先着順)

聴講無料

講師プロフィール

伊沢正名さん
伊沢正名さん

1950 年茨城県生まれ。 1970 年に自然保護運動 へ身を投じ、1974 年 1 月 1 日から信念をもって 野糞を開始。1975 年か ら菌類や隠花植物などを 専門とした写真活動を本 格化。1990 年、伊沢流 インド式野糞法を確立。 1999 年、年 間 野 糞 率 100%を達成。2003 年、野糞千日行を成就。 現在も野糞記録を更新しつつ、野糞掘り返し調 査を実施し、土中でのウンコ分解の実体を明ら かにする。2006 年から糞土師を名乗り、自然 界の物質循環をとおして社会と環境の問題を鋭 く問う活動を始める。著書に『くう・ねる・の ぐそ』(2008 年 山と溪谷社)、『うんこはごち そう』(2013年 農文協)など。