kimurahiroki のすべての投稿

博物館ボランティア「水曜会」によるミニ展示「昭和の想い出」を開催中!

博物館ボランティア「水曜会」によるミニ展示「昭和の想い出」

現在、博物館ボランティア「水曜会」では、旧津久井郷土資料室内(既に閉館)にあった旧相模湖町の郷土史家 鈴木重光氏の膨大な収集資料の整理作業を行っております。

今回、その一部として「昭和の想い出」と題し、昭和30年代頃までのお菓子箱や包み紙などを紹介するミニ展示を開催中です。懐かしいお菓子などを観に、ぜひご来館ください。

期間:7月31日(水)まで  午前9時30分から午後5時まで

場所:相模原市立博物館 常設展示室出口付近

内容:お菓子の箱・包み紙、羊羹の包装紙、缶詰のラベルなど

観覧無料

問い合わせ:相模原市立博物館 042-750-8030

ミニ展示全体
懐かしいお菓子がいっぱいです

NIKON COOLPIX S3500 (4.7mm, f/3.4, 1/25 sec, ISO400)

博物館ボランティア「市民学芸員」制作の「相模原 ふるさと いろは かるた」貸出し可能になりました

「相模原 ふるさと いろは かるた」10組完成! 貸出しできます!!

「相模原 ふるさと いろは かるた」は、相模原市立博物館のボランティア「市民学芸員」が数年かけて企画・検討を重ね、手作りで制作したもので、今回10組完成し貸出し可能となりました。

このかるたは、市内緑区から南区まで47ヶ所の名所・旧跡などが紹介され、絵札、読み札の他、解説文(日本語、英語)、紹介地のマップまでついています。

学校等への貸出しも可能ですので、かるたとして楽しむほか、郷土学習などにも活用いただけると思います。

また、子どもだけでなく大人も楽しめる内容ですので、幅広い世代に親しんでもらえれば幸いです。

貸出し組数:最大10組

貸出し期間:原則1ヶ月以内

貸出しについて

  1. 相模原市立博物館に電話等でご連絡ください。

2. 博物館までお越しいただき貸出しを行い、利用後に博物館まで直接返却いただきます。

*博物館の学習資料展にて展示中

  現在相模原市立博物館にて開催されている学習資料展にて、かるたの実物、原画、解説、紹介地のマップなどを展示中です。

また、第1、第3日曜日に開催している昔のあそびなどが体験できる「チャレンジ体験」では、かるた大会も実施しています。

   学習資料展・・・2/24(日)まで 開館時間9:30~17:00 

   ※休館日等は博物館ホームページ等にてご確認下さい。

博物館いろはかるたPRチラシ

若者が語る幕末・維新のヒーロー愛のつどい 発表者を募集中!

明治150年関連企画展イベント

若者が語る幕末・維新のヒーロー愛のつどい 発表者を募集中!

~幕末・維新の英雄たちへの熱い思いを語りませんか~

日 時  平成30年9月23日(日) 午後3時30分~午後5時まで

 *午後2時~同会場で行われている学芸員講話終了後に開催。

会 場  相模原市立博物館 大会議室

主 催  相模原市立博物館

発表内容

 好きな幕末・維新のヒーロー、好きになった理由・エピソードなどを5~10分程度で語っていただきます。気軽に歴史トークする感覚で語ってくだされば大丈夫です。

 *発表方法は、マイクによる口頭のみでの発表、配布資料を配る発表、パワーポイントなどパソコン・プロジェクターによる発表などが可能。また、複数人での発表も可。その他は、個別にご相談ください。

発表者募集

・応募資格・・・幕末・維新など歴史に関心のある小学生~20代までの人なら誰でもOKです。(市外在住者も可、また複数人での発表も可)

・募集方法・・・相模原市立博物館までハガキかEメールにて「幕末・維新のヒーロー愛のつどい応募」と記入の上、①氏名、②住所、③電話番号、④学校・学年、⑤好きな(発表する)人物とその理由を書いて応募下さい。

・募集人数・・・5人程度

・応募期限・・・9月5日(水)まで

・発表者決定・・・応募多数の場合、博物館にて選考し、9月10日頃に結果を全員に通知します。 

*発表者への謝礼・交通費支給はありませんが、記念品を贈呈します。

つどい発表者募集チラシ

応募・問合せ 相模原市立博物館 電話:042-750-8030

       住所:〒252-0221 相模原市中央区高根3-1-15

       Eメール:hakubutsukan@city.sagamihara.kanagawa.jp

 

明治150年関連企画展「相模原にもある幕末・維新のヒーローたちの痕跡」については、こちらをご覧ください。